「人生で、本当は何をやって生きていきたいの?」

そう問われても、答えられない人がいる。

なぜかというと、自分の本当の気持ちに嘘をつき続けていると、次第に自分の本心や、本当にやりたいことが分からなくなるからだ。

 

他人や自分に対する「嘘」というものは、ほぼ間違いなく、自分を守るためにつかざるを得なかったものなんだ。

親から「どうしてそんなことをしたの」と言われた時、親との信頼関係がある人は、本当のことを伝えて、親が困っていたら謝る。

しかし、親との間に信頼関係がない場合、嘘をついて自分を守らざるを得なくなる。

でなければ、見捨てられる危険性があったからだ。

親から愛されなかった子は、必然的に、自分を守るために嘘をつかざるを得なくなる

愛されなければ愛されなかったほど、嘘を重ねてゆく。

 

「嘘」とはあたかも、魂にぺたり、ぺたりと薄皮を貼ってゆくようなもの。

少し、また少しと嘘を重ねると、次第に自分の中にある「魂の輝き」が消えてゆく。

その輝きが見えなくなると、自分が本当にやりたいことが分からなくなり、迷った時にどっちに行けばいいのかも分からなくなる。

そして、「貴方の中に、とても尊い輝きがあるのですよ」と言われても、信じられなくなる。

自分自身で、自分の輝きが見えなくなってしまっているからだ。

 

自分の内なる輝きに気づくには、「自分への嘘」をやめてゆけばよい

そのために重要なのは、「ひとりになること」と、「自分を楽しませるための、ひとり遊びのルールを考えること」、だ。

 

ひとりでいれば、他人の目を気にすることはない。

寂しいからと群れていたら、永遠に嘘をつき続けるだけだ。

「ひとりでいると、コミュニケーション能力が」、「見捨てられるのでは」などと心配する必要はない。

自分との対話ができないから、他の人との対話ができないのだ。

自分との対話が素直にできるようになったら、他人との対話や付き合いもスムーズにゆくようになる

 

そして、もうひとつは自分を楽しませる、ひとり遊びのゲームルールを考えることだ。

自分で自分を楽しませる、そんな遊びを作ってみよう。

世の中の面白さは、「遊びを作り出す能力」に比例する

どんなことでも遊びにできる人は、何でも楽しめる。

その根本は、「自分が楽しめるゲームを作ること」なんだ。

例えば、「手を一切使わずに、○○をする」とか、「これとこれだけを使って、○○をする」など、上手くルール(制約)を作って楽しんでみよう。

難しすぎても、簡単すぎても楽しめない。

そのちょうどいい「楽しい」と感じるルール(制約)を考えて、身近にあるものいいので利用して、ゲームを作ってみよう。

 

そういう時間を確保してゆくと、次第に自分への嘘をつかない時間ができてくる。

すると、「嘘」がぺらり、ぺらりとはがれてゆき、自分の内なる輝きに、少しずつ気づいてゆくだろう。

その輝きを知った時、「ああ、自分はこんなにも優しい部分があったのか」と、自分の温かさを知ることだろう。