昨日の誤字脱字チェック募集は、まだまだ引き続き募集中です。

お暇な方は、是非よろしくお願いします~。

 

今日のお話は、「ゆるく生きると自信が出る」というお話

今日は、強さと弱さについて、少しお話してみましょうか。

最近は、「ゆるく生きようよ」キャンペーンを始めたので、今日はそんな感じのお話です(笑

 

自信がある状態だと、なんか内側からみなぎるエネルギーみたいなものがありますよね。

だから、優しくて、柔らかくて、そして自分をありのままに見せられるわけです。

でも、自信がない状態だと、子犬のようにキャンキャンと吠えて、固くなって、そして自分を大きく見せようとするわけです。

 

自信がない状態って、「うおぉ、やってやるぜ!」っていう風に、勢いで乗り切ろうとしちゃうものですよね。

でも実はそれって、どんどん自信をなくすスパイラルに入っちゃうんですよ。

だってそういう場合は、ほぼ間違いなく、自分にできないようなことを達成することで、自信を得ようとしてるわけです。

達成できなかったら、自信を失って落ち込みます。

達成したら、「まだまだできる!」となって、目標をもっと引き上げます。

でも、目標を引き上げ続けるので、いつかは必ず落ち込みます。

だから、100%自信を失う流れに入っているんですよ。

 

自信がない時は、逆にゆるく行ってみよう

自信がない状態では、固くなったり、大きく吠えちゃいけないんですよ。

自信がない状態の場合ほど、緩やかに、柔らかく、ありのままで行くと。

「だったら期待されなくなって、見向きもされなくなる」と恐怖を感じるでしょうが、見向きもされなくなっていいんですよ。

だいたい、それって「成果を出すから振り向いてくれる」でしょ。

その人の「そのもの」を受け入れているわけじゃないんですから。

そんな人たちとは、あんまり付き合わない方がいいんですよ。

 

等身大の、ゆるーい自分でも受け入れてくれる人が、いいですよね。

そういういい人は、何十人も見つける必要はありません。

たった一人見つけただけで、人生ががらりと変わりますから。

それを実現するには、まずは自分が「ゆるーい状態」で生き始めなきゃいけないんですよね。

その状態を出さないと、受け入れてくれる人は見つかりませんからね。

だから、自分がゆるーい状態を受け入れることから全てが始まるわけです。

 

まとめ

だから、自信がない時は、ゆるく行くと。

自分がその状態を受け入れて、ありのままを出して、そして受け入れてくれる人が出てきたら、それこそ「本当の自信」が出てきます。

たった一人でいいんですから。

なんか、見つかりそうな気がするでしょ。

 

ってことで、今日は「自信がない時ほど、ゆるーく行きましょう」というお話でした。

今日はここまで~。