クリエイティブなことでお金を得る、私なりのコツ

>>クリエイティブなことでお金を得る、私なりのコツ

クリエイティブなことでお金を得る、私なりのコツ

今日はタイトルのように、クリエイティブなことでお金を得ることについて、お話ししてみましょうか。

今回のお話を一言で言うと、「自分にとってのクリエイティブなことを、個人でどんどん情報発信してゆくこと。それがお金を得るコツ」かなと思います。

 

クリエイターにとって、これからはいい時代になる

今、高城剛氏の「白本 弐」という本を読んでいるんですが、そこで「物書きほど、このインターネット時代に向いているビジネスはない」っていう表現があったんですよ。

私もこれを実感していて、これからの時代、物書きだけでなく、表現者とかクリエイターにとっては、とてもいい時代になるんじゃないかと思ってます。

 

というのも、今までの時代は「言われたことを素直にする人」が求められていたんですよ。

産業革命が起こって工業社会になると、大量生産、大量消費時代になりました。

すると、生産性を上げるためには、人が機械のように動けばよかったわけです。

例えば製糸工場でアンダーシャツを作っているところで、「私は白よりも黄色の方が好きだから、私だけこうする」とかオリジナリティなんか出したら、品質が変わってとんでもないことになりますよね。

だから、「自分を出さずに、言われたことを素直にする人」が重要視されていたわけです。

日本の学校教育でも、未だにこれを引きずっています。

 

でも、今の時代に「言われたことを我慢して、素直にする」なんてことをすると、いいようにこき使われて、使い捨てにされるのがオチでしょう。

だって、そんな人は山ほどいて、いくらでも代替がきくんですから。

自分を安売りしなくてはならなくなって、もっと安く売る人も大勢いるわけです。

誰にでもできることは、海外の人件費が安い国にどんどん移行するようになります。

さらにはそういう誰にでもできることは、次第に機械やコンピュータが自動でやるようになっていきます。

日本でも、近い将来に移民を受け入れるようになると、次第に単純労働な部分から移民が担うようになるでしょう。

すると、給料がどんどん減っていった上に、将来は仕事すらなくなって、捨てられる。

これは苦しいだけの道ですよね。

 

そこで今では、「もの」が満たされるにつれて、「自分で考えて創造する力」が重要になってきたんですよ。

そんな「新たな創造」っていう部分が重要になってきたわけです。

表現者やクリエイターって、まさに「自分で考えて創造する力」を発揮する人たちじゃないですか。

「私はこういうのが欲しい!」っていうのをモチベーションにして、新しいものをどんどん作ってゆく人たちで。

それは、周囲とは違うものを常に追い求めていますよね。

「周囲に満足できるものがないから、自分で作っている」と言えるのかもしれません。

そういう「自分で考えて創造する」という部分が重要になるんですよ。

 

で、本題に入ると、クリエイティブなことでお金を得るコツは、次の二つがキーワードになるかと思います。

それが、「ちょっとした創意工夫」「情報発信」です。

 

その人なりの「ちょっとした創意工夫」が面白い

ありふれたものをありふれて繰り返す人は、これからの時代は淘汰されるってのは、もう実感で分かるかと思います。

だから、これからはどんどん自分なりの新たなものを作り出せる、そんな人が中心になっていくわけです。

小さなことでもいいので、「自分なりの新たなもの」が重要になるんですよ。

 

クリエイティブなことって、新しい気づきがあって面白いですよね。

私がよくもらう感想で多いのが、「目からウロコでした」っていう反響なんですよ。

「そういう発想があったのか」っていうのを楽しんでいる方が多いようで。

 

私自身も「これって、こういう考え方もあるよね」って見つけるのが大好きで、毎日こんな風に長文を書いているわけですが、読む側も面白いと思うんですよ。

そして、そんなちょっとした創意工夫っていうのは、クオリティにあんまり左右されないんですよ。

いわば、ちょっとしたことでも面白く感じられると。

最近発見したのは、「ウイスキー単体を生まれて初めて買ってみて、美味しくないよなぁと思っていたのが、梅酒を少し入れるとぐっと美味しくなった」ということですね。

ウイスキーが好きでない人でも、梅酒とか柑橘系ジュースとを混ぜれば、ウイスキーの臭みがエナジードリンク風のケミカルな感じに変わって、ぐっと味わえると気づいたわけです。

すると、「どんな味なんだろう」って感じられますよね。

 

こんなちょっとした創意工夫だけで、面白いわけです。

もちろん、失敗しても、それはそれでネタにできるから大丈夫ですしね(笑

この「ちょっとした自分なりの創意工夫」が、一つ目のキーワードです。

 

クオリティが低くとも、「情報発信」の頻度を上げると、ファンがつく

で、もう一つのキーワードが「情報発信」ですね。

そういうクリエイティブな情報を、どんどん発信していくことです。

すると、必ず「自分なりのクリエイティブになれるジャンルの傾向」みたいなものがにじみ出てくるんですよ。

このサイトの場合、心理学だったり、ゲームやら本の制作だったり、考え方だったり、そういう傾向が出てくると。

そうしていると、その傾向に合った人たちが集まってくる、ということですね。

すなわち、ファンができると。

 

ファンができたら、後はどうにでもなるものです。

というのも、個人についているファンって、その人が何を出しても買ってくれるんですよ。

同人即売会でも、売る側に座っていると、お客さんがよく「新刊全部ください」って言う人がいるんですよ。

参加している人でも、このセリフを聞いたことある人は多いんじゃないかと思います。

実は、これが本当に多いんですよ。

「選ばんのかい!」ってツッコミ入れたくなるでしょ(笑

それぐらい、ファンはどんな形でも買ってくれるものなんですよね。

 

その大本にあるのが、情報発信だと思います。

しょーもないものでもいいので、日々のクリエイティブを、頻度を高めて発信していくと。

人の脳というのは、「量」よりも「頻度」の方が印象に残ります

ほら、「彼氏や彼女にプレゼントをする場合、高価なものを一度あげるより、安物でもいいので頻度を高くした方が効果がある」って言うでしょ。

あれと同じで、クオリティは低くとも、頻度が高く触れていたら、しっかりとファンになるんですよ。

友人感覚だったら、そういう身近な人の作品って、やっぱり全部触れてみたいものですよね。

 

ただ、同じことをずっと情報発信していたら、すぐに飽きられてしまいます。

だから、日々ちょっとしたことにクリエイティビティーを発揮して、気づきを得て、発信していくと。

そうすることで、ファンが「育っていく」んですよ。

 

もちろん、本当にクオリティ勝負をしているような人やチーム、会社もあります。

そういうところは情報発信はあんまりせずに、品質で勝負しているものです。

クオリティに自信がある人は、クオリティで勝負すればいいでしょう。

でも、クオリティがまだ低い状態の人でも、頻度を高めさえすれば、何とでもなるんですよ。

ちょっとした自分なりの新しいクリエイティブなことを、頻度を高めて情報発信すると。

それが、固定ファンを生んで、お金になってゆくんですよ。

 

まとめ

そんな風に、自分なりのクリエイティブなことを、どんどん情報発信していくことですね。

クオリティは低くてもいいので、頻度を高めると。

すると、ファンができるので、ファンができさえすれば、お金は後からついてきます。

 

そういう「新たな発見をするのが好きで好きでしょうがない分野」を持つことですよね。

すなわち、クリエイティビティーを発揮する「好き」を見つけることです。

クリエイティビティーを発揮できないような、受け身の「好き」は、「好き」には含まない方がいいような気もします。

テレビとか、ネットサーフィンとかは、だいたい受け身ですからね。

 

じゃあ、どうやってそんな「好き」を見つけるのか、それについて続きがあるので、それは明日にでもお話するとしましょう。

ということで、今日はクリエイティブなことでお金を得る、私なりのコツについてお話してみました。

今日はここまで~。

By |2015-02-14T19:30:41+00:002015年 2月14日(土)|クリエイティブ|