最近知り合った方で瀬海歩さんという方がいるんですが、その方の電子書籍「人生でやりたいことリスト100の作り方」がシンプルで面白かったです。

「私でもなんかできそう」と感じられる、前向きな本ですね~。

4月5日ぐらいまで無料配布しているようなので、興味ある方は是非どうぞ。

 

では、今日のお話です。

今日は損得と幸せについて、ちょっと気づいたことがあるのでお話ししてみましょうか。

 

その「損をした」は、本当か

昨日、「成功する」ということの本質は、「損をしてもいい、と受け入れること」だと言いましたよね。

それで今日ふと思ったんですよ。

私たちは「損をした」って言うものですが、その「損をした」って、本当に損だったのだろうか、ということですね。

 

それを「損」だと思うこと自体が、おかしいんじゃないかと。

そもそも、私たちは何も持たずに生まれてきたんですよ。

というか、生まれる前は、お金や健康どころか、命ですらないわけで。

すなわち、私たちが持っているものって、全て「新たに与えられたもの」になるわけです。

 

なら、「お金を損した」とか、「時間を損した」、「健康を損した」っていうのは、ちょっと変だと分かります。

だって、元々自分のものじゃなかったんですから。

「これは自分の所有物だ」と勘違いしていることの方が、問題なんじゃないかと。

「これは自分のもの」ではなくて、「これは他の所有者がいるけど、たまたま私が使わせてもらっている」という感覚ですね。

 

だったら、どんなものでも「ありがたいな」と感じるようになるものなんですよ。

「元々何も持っていなかったのに、これだけのものを使わせてもらっている」みたいな。

たとえそこで片腕を失ったり、片足を失ったりしたとしても、まだまだたくさん「持っているもの」がありますよね。

すると、「損をした」とか「失った」と苦しむことはなくなるんじゃないかと思います。

 

基準をどこに置くかで、幸せ度が変わる

こう考えると、どこに基準を置くかで、幸せ度が全く変わりますよね。

「私はお金がたくさんあって、若くて健康で、時間がたくさんあり、全ての人間から愛されて、成功者だとあがめられて当然だ」という場所に基準を置くか。

それとも、「私は元々何も持っていなかった。命ですらないのが当然で、それが当たり前の状態だった」という場所に基準を置くか。

 

だいたい、「私はダメな奴だ」とか、「私はゴミだ」なんてセルフイメージが低い人は、高い場所が基準になっているんですよね。

そんな完全無欠を「当たり前」としちゃったら、誰だって今の状況をゴミやクズだと感じるわけで。

こういう心理状態だと、世の中に不満だらけになって、当然ですよね。

でも一方で、「何もない」という低い部分を基準にすると、何だって「ありがたい」と感じると。

こういう心理状態だと、世の中にどれほど問題があったとしても、それに挑戦できることとか、自分にできることに意識を向けられますよね。

 

まとめ

そういう基準点の問題なのかな、とも思います。

だったら、一度自分の基準を下げてみることですよね。

すなわち、「私は得をしたい。損をしたくない」と思うと、どんどん大切なものを失っていくと。

逆に、「私は得をしなくていい。損をしてもいい」と思うと、どんどん手に入ったものを生かすことができると。

 

クリエイティビティーって、そういうところからも出てますよね。

クリエイティビティーって、「手元にある資源を最大限に生かすこと」ですから。

 

昨日の記事を書いた後、そんなことをふと思ったりもしました。

ということで、今日は損得と幸せについてお話ししてみました。

今日はここまで~。