今日は、自分らしく生きることについてお話ししてみましょうか。

なぜ「自分が分からない」という現象が起きるのかについてお話してみましょう。

 

「ありのままに生きたい」のに、「平均」と比べてしまう矛盾

「ありのままに生きたい」とか「自分らしく生きたい」って、ありますよね。

多くの場合、「ありのままにさせないこと」とか「自分らしくさせないこと」っていうのは、「世間一般での標準的な考え方」ですよね。

実際、「みんながこうしているんだから、お前もこうしろ」みたいなことを言われると、すっごいストレスでしょ(笑

「私には、私なりの考え方とかやりたいことがあるんだから、押しつけないでよ!」とか言いたくなるものです。

 

でも、それなのに、自分を考える場合に「平均」から見てしまいがちなものなんですよね。

平均年収とか、平均身長とか、平均体重とか、もうみんな平均が大好きですよね。

おそらくその背景には、「他者と比べないと、自分らしさを定義できない」っていう性質があるからだと思います。

実際、「違い」というのは、「比べる対象」があって初めて生まれるものですから。

 

ただ、その「自分らしく」というのは、ちょっとはき違えた「自分らしさ」だと思うんですよ。

というのも、そもそもなぜそんな「違い」を知る必要があるんでしょうか。

「私はあの人とは違う」、「私はあの人とも違う」……そんな風に違いをどんどん極めたところで、それは自分らしく生きることにはなりませんよね。

すなわち、「違いを知る」ことと「ありのままになる」ことは、全く違う次元のことなわけです。

 

ありのままになるってことは、「自分そのままを、嘘をつかずに出す」ってことですよね。

じゃあ、嘘をつかずに、無理をせずに出せばいいわけです。

でも、それができないから比較して決めようとするわけですね。

 

自我ができていないから、「違い」を知りたくなる

「違いを知りたい」という状態は、言い換えると「自分が分からない」という根源的な問題を抱えているように思えます。

「自分」すなわち「自我」とは価値観でできているんですが、自分のやりたいことが、それが自分の価値観なのか、他者の価値観なのか、ごっちゃになって分からなくなってるんですよ。

例えば、親から「貴方はサラリーマンがいいよ」と言われたとしましょう。

でも、自分は「雇われは嫌だ」と思っている。

もし自分が分かっていれば、すんなり独立するんですよ。

自分が分からないから、「こんなにサラリーマンとして頑張っているのに、苦しい」となってしまうわけです。

 

これは別の表現で言うと、「自我の境界線がうまくできていない」とも言えるでしょう。

自分と他者との違いが、明確についていないと。

だから、「ありのままの自分」になれないわけです。

そもそも、「ありのままの自分」が何なのか分からないんですから、「ありのまま」なんて出しようがありませんよね。

 

血液型診断とか、性格診断とかありますよね。

「動物占い」とか、果てはツイッターでは「診断メーカー」みたいな、「完全に根拠のないもの決めつけやん!」みたいなものまであるわけです(笑

これらは「貴方はこういう人です」って言うんですが、全く根拠のカケラもないのに、大人気でしょ。

それぐらい、人は「自分が誰だか分からない」んですよ。

 

だから、「貴方はこういう人です」と言われると、安心するわけです。

自分の定義ができるからですね。

たとえそれが全くのでっち上げだったとしても、自我ができていない人にとっては、「貴方はこういう人です」と言われると、自我が作られたような気がして、安心するわけです。

また、それが見当違いなことであったとしても、「ありえんだろう」とツッコミを入れることで、自分で自分が分かると。

実際、多くの人が「貴方はこういうタイプの人だから、こうするとありのままに生きられますよ」とか言われると、安心するものなんですよ。

それぐらい、現代人は自我を作り切れていないんですよね。

 

なぜ、自我が育たなかったのか

本来は、自我は成長と共に、自然に育つものです。

子どもの頃に、「私はこうしたい」と言うようになりますよね。

反抗期だってそうですし、自我、すなわち価値観を表明するようになるものです。

そうして自我を出すことで、他者の自我も出て、衝突が起きて、「他の人とは違う自分」、すなわち自我が形成されていくわけです。

簡単に言うと、ケンカや対立を通して自我が形成される、ってことですね。

 

でも、親から命令されて動かざるを得なかった場合とか、子どもでもケンカを許されない場合があります。

すると、どうしても自我を出せなくなって、自我の境界が分からなくなるんですよ。

そして結果的に、大人になっても「自分が誰だか分からない」という問題を抱えるようになります。

自分が誰だか分からないから、「自分らしく生きたい」、「ありのままに生きたい」と思っても、それができないと。

 

だから、自我が形成できていない人ほど、血液型診断とか、性格診断、診断メーカーなどを好むようになります。

これは特に、思春期の頃に起きやすいものです。

思春期の頃は、精神的に社会性を帯びるために、自我が一度再構成されるんですよね。

だから、その時期によく「自分探しの旅」とかしたくなるんですよ。

私自身、大学時代とかは、性格診断にすっごいはまってましたから(笑

 

ただ、その「貴方はこういう人です」といくら言われたとしても、それはただの錯覚でしかなくて、本当の自分ではないんですよね。

自我とは、自我を出すことで形成されるんですから。

だから、自我を出さない限り、自我は形成されませんよ、ということです。

 

まとめ

簡単に言うと、「わがままを言わないと、自分らしく生きられませんよ」ってことですね。

言われてみると、当然でしょ。

「自分らしく」とは、「わがまま」なことなんですから。

 

我慢しない。

苦しいことに自分から飛び込まない。

自分にとって、楽しいことに飛び込んでゆく。

そして対立を通して上手く現実を対処する方法を見つけて、楽しいことを広げようとする。

それらをすっ飛ばして、「ありのままに生きる」とか、「自分らしく生きる」なんてできませんよ、ということですね。

 

どんどん自分の自我を出していけばいいんですよ。

出せば出すほど、自我が形成されて、楽しく、しかも周囲と調和して生きられるようになります。

そしてこれは、早いうちにやっておく方がいいものです。

子どもの頃のケンカは可愛らしいものですが、大人になってケンカすると殺し合いになりますし、権力を持ってからケンカすると戦争になりますからね。

 

そういう風に考えると、「もっと自分を出していいんだ」と分かり、気楽に生きられるようになるんじゃないかと思います。

もっと自分を出して生きていい、もっと自分を表現して生きていい、ということですね。

 

ってことで、今日は「なぜ、自分が分からないという現象が起きるのか」についてお話ししてみました。

今日はここまで~。