自分の商品をブラッシュアップする、3つのステップ

>>自分の商品をブラッシュアップする、3つのステップ

自分の商品をブラッシュアップする、3つのステップ

今日は、ビジネスのお話をしてみましょうか。

「自分の商品をブラッシュアップする、3つのステップ」ということで、お話ししてみましょう。

 

「これを売りたい」があるけど、売れない。どうしたらいい?

「これを売って、利益にしてゆきたいな」とか思っている人は、多いんじゃないかと思います。

「漫画を描くのが好きだから、これを売れればいいな」とか、「文章を書くのが好きだから、これを利益にしたいな」とか。

でも、その「好き」というものを素直に世の中に出しても、なかなか反響がない、みたいなことってありますよね。

漫画を公開しても全然見てもらえなかったり、文章も読んでもらえなかったり、みたいな。

 

そういう場合、どう考えればいいのか。

それを今日は、「自分の商品をブラッシュアップする、3つのステップ」ということで、お話ししてみましょう。

この考え方なら、6ヶ月以内で一つの商品を仕上げられるんじゃないかと思います。

 

で、ステップは次の3つです。
  • (ステップ1): 自分にとって「良質とは何か」を考えよう
  • (ステップ2): それを圧倒的にする工夫を考えよう
  • (ステップ3): それを与えることで、世の中に何をもたらすのかを考えよう
  • (おまけ): そこから外れる要素は、ばっさりカットしよう
以下で、それぞれのステップを説明してみましょう。

 

(ステップ1): 自分にとって「良質とは何か」を考えよう

まず最初は、自分にとっての「良質とは何か」を考えます

「自分の感性」ってありますよね。

「私はこういうものに感動する」とか、「私はこういうものをすてきだと思う」みたいな。

そういう自分が既に作っているもので、「私はこういう良質なものに触れたい」というものを抽出します

 

例えば私の場合、このブログでは「クリエイティブな考え方」であるほど「良質だ」と考えています。

これは言い換えると、「人生に希望を持てる内容ほど、すてきだな」という、私なりの感性があるわけです。

だって、クリエイティブな発想って、面白いじゃないですか。

やる気も出るし、豊かさも得られるし、目からウロコ体験もできるので、私はそれを味わいたくてしょうがないと。

だから、私はそういう「クリエイティブな考え方」ほど「良質だ」と考えているわけです。

 

例えば絵描きさんや小説屋さんの場合、「こういうシチュエーション、最高じゃぁぁあ゛あ゛!」というものがあるかもしれません。

「こういうキャラクターがこういう状況になるのって、いいよね」とか。

食べ物を作る場合でも、「家族で一緒に食べる時間って、なんかいいよね」とか、「誕生日で味わう特別な時間が好き」とか、「観光地で、風景を眺めながら味わう食べ物が好き」とか、いろんな尺度がありますよね。

そういう風に、自分にとっての「良質とは何か」を考えてみましょう。

 

ちなみにこれは、「○○ではないこと」、「○○をやめること」という風に、否定型にはしないようにしましょう。

それは追求しがいがないので、最初はよくても、後々しんどいことになります。

 

(ステップ2): それを圧倒的にする工夫を考えよう

次は、その「良質な点」を、圧倒的にする工夫を考えます

これは、「優れているものにする」というレベルではありません。

あくまで「圧倒的にする」という風に、段違いなものを実現することです。

 

なぜこれを考える必要があるのかというと、何かを売る場合、必ず競合を考える必要があります

自分がどんなに好きなものでも、自分の商品よりもクオリティが高く、価格が安く、簡単に手に入るような商品が他にあれば、売れません。

すなわち、何かを売る場合は「世の中」も見なくてはならなくて、「自分の中」だけでは完結できないんですよね。

 

例えば私の場合、世の中に「希望が出るような、クリエイティブなコンセプトを教えてくれるサイト」がないから、自分で作っているわけです。

もしそういう良質なサイトがあれば、私は喜んでこのブログをやめて、そのサイトを読んで満足しているでしょう(笑

それが世の中にないから、自分で作って、もっと満足できるようにしたくなる、ということです。

 

10倍よくするには、工夫が必要になる

なので、ステップ1で考えた「自分なりの良質な点」を、今の10倍すごいものにするには、どうすればいいかを考えてみましょう

1.5倍とか2倍程度なら、「長時間頑張る」という脳筋スタイルになってしまうので、少し大きめの倍率にするといいでしょう。

 

今の10倍よくするには、必ず大胆な工夫が必要になります。

もし「同一時間で仕上げる量」を圧倒的にする場合、今までとは全く別次元の開発技術が必要になるでしょう。

例えば漫画1ページ、小説1話、ブログの1記事を、今まで10時間かけて作っていたとしましょうか。

なら、それを1時間で、似たようなクオリティで仕上げられるようにするわけです。

すると、今とは全く違った発想法や構成法が必要になります。

 

同じように、質を圧倒的にする場合でも、全く別次元の発想が必要になります。

今までの10倍の密度、精度、強度、満足度、感動度で仕上げるわけです。

例えば漫画1ページ、小説1話、ブログの1記事で、今までの10倍楽しめるようにすると。

これも、全く違った発想法、構成法が必要になります。(まぁ、量を圧倒的にすることも、質を圧倒的にすることも、本質は同じことなんですが)

 

自分が欲しいものだから、研究を楽しめる

これを追求することは、とても楽しいことになります

だって、「自分なりの良質な点」を、より多く味わえるようになるんですから。

「他の誰かが喜ぶ」とかでなくて、まず一番最初に、自分にとってメリットがあるわけです。

だから、追求しがいがあって、モチベーションを保ち、続けられるようになります。

 

また、これを実現するには、必ず研究する必要があります

「学ぶ」だけでは足りなくて、「研究」までに踏み込むことですね。

「学ぶ」のは、他の人が既に到達しているレベルなので、学べることをマスターする程度では足りません。

前人未踏の場所に入るには、「学び尽くして、自分が最先端を研究する」というレベルまで行く必要があります。

 

で、その研究も、数ヶ月はかかるんじゃないかと思います。

学んで最先端までたどり着くのに1ヶ月、そこからさらに研究して2ヶ月、合計3ヶ月ぐらいですかね。

そこから初めての商品を作るまでに3ヶ月で、6ヶ月ぐらいかける、みたいな。

 

もし「学んで最先端にたどり着くまでには、1ヶ月どころか何年もかかるよ」というような広いジャンルの場合、ステップ1に戻って、もっと領域を絞り込むようにしましょう。

それぐらい、「こんなこと追求してるのは、世の中自分ぐらいだよな」という狭い領域に絞り込みます

 

(ステップ3): それを与えることで、世の中に何をもたらすのかを考えよう

そして、「その良質さを与えることで、世の中に何をもたらすのか」を考えてみましょう

これは、「私がこうしたい」という次元から、「他の人がこう満足する」という次元へと昇華することになります。

 

ビジネスの基本法則として、「与える者は受け取る。しかし『欲しい』と願う者は、持っているものですら取り上げられる」という法則があります。

まぁこれは当然で、与えれば売れる機会も生まれますからね。

でも、「欲しい」ばかり言っていると、それを手に入れるために、犠牲を払うばかりになると。

ビジネスや投資が苦手な人ほど、この感覚が意味不明で、「与えれば減るばっかりやん」と考えてしまうんですよね。(この心理メカニズムは、またいつかお話しします)

 

「世の中をこうよくできる」が大切

悪い例で言うと、例えば自治体が「ゆるキャラで地域活性化しよう!」とか「この特産品で、この町を盛り上げよう!」とか言ってるじゃないですか。

あれこそが、この「世の中に何をもたらすのか」が全く考えられていない、悪い事例になります。

 

「私の周囲には、これが豊かにあるから、これを売ろう」という、その発想はいいんですよ。

でも、人(お客)は「何が得られるか」が重要になります

売る側が「私はお金が欲しい。だからこれを買って」と言って売りに出しても、お客は買わないですよね。

それなのに、「ゆるキャラで地域活性化しよう!」とか、「この特産品をどうぞ! この文化を知ろう!」というのは、「あんたには利益がない。私がお金が欲しいだけ。だからこれを買って」と言っているのと同じです。

 

逆にいい例が、秋田県のローカルヒーロー「超神ネイガー」でしょう。

あれは、お客に「地元感覚で、身近なヒーローを楽しむ」という楽しみを提供しています。

キャラクターを越えて、「世の中をこうよくできる」、「人々にこう幸せになってもらう」という目的があるわけですね。

 

ゆるキャラを置くなら、何を味わってもらうために、そのキャラクターを置くのか。

特産品を売るなら、誰にどんな恩恵をもたらして、どう世の中がよくなるのか。

作品を売るなら、誰にどんな利益があって、どう豊かさを得られるのか。

 

そこがないと、ただ「商品を棚に置いて、値札をつけている」というだけになります。

物不足の時代ではそれでも売れたかもしれませんが、今の時代は、「何を得られるのか」をメインに語らなければ売れない時代です。

そういうこともあって、「その良質さを与えることで、世の中に何をもたらすのか」という内容を考えてみるといいでしょう。

 

(おまけ): そこから外れる要素は、ばっさりカットしよう

最後はおまけです。

後は、ステップ3までの内容からは外れるような、不要なものをばっさりカットすることです。

言い換えると、費用対効果を高める、ということですね。

 

まとめ

そんな風に、商品を作る場合、次の3つを考えるといいかと思います。

まずは、ステップ1で「自分にとっての良質さ」を考えて、自分が好きな尺度を決めます

次に、ステップ2で「それを圧倒的にする工夫」を考えて、自分が楽しみながら、競合と戦える領域を作ります

そしてステップ3で、「それが世の中に何をもたらすのか」を考えて、売れる形に変換します

最後はおまけで、「良質さ」から外れるものはばっさりカットして、集中すると費用対効果が高まりますよ、ということです。

 

ただ「作って販売サイトに出す」よりも、ここまで考えられると、だいぶ変わるんじゃないかなと思います。

 

ということで、今日は「自分の商品をブラッシュアップする、3つのステップ」ということで、お話ししてみました。

今日はここまで~。

By |2017-07-20T20:43:23+00:002017年 7月20日(木)|ビジネス|