ビリーズブートキャンプをやってみました

Home>日記>ビリーズブートキャンプをやってみました

ビリーズブートキャンプをやってみました

今日は普通に日記です。

「ビリーズブートキャンプをやってみました」という、どこからどう見てもしょーもないお話です(笑

 

ビリーズブートキャンプ、面白そう!

先日の記事で、「ビリーズブートキャンプをしたら、元気になった」みたいな人を紹介したじゃないですか。

実はそれから結構ビリーズブートキャンプが心の中で引っかかっていて、「なんか面白そうだな」とか感じていたんですよ(笑

 

ちなみに今の私は、人生の中でも少し休息時間に入っています。

「次のアクションを起こすまでに、少し休もう」みたいな感じで。

そんな中で、「これは精神的な疲労を癒やすのによさそうだな」、「なんか元気が出そうで、面白そう」と感じたと。

そういうこともあって、実際にやってみました(笑

 

実際にやってみた



↑ビリー・ブランクス氏は、元々こういう「Tae Bo(タエボー)」というブランド名でエクササイズを教えているようで。

ビリーズブートキャンプは、それをさらにハードにした派生版っていう形のようです。

なので、今回はビリーズブートキャンプの代わりに、上記Tae Boの動画に挑戦してみることに。

 

まあ、私は多少の筋トレはしてますし、ウォーキングもしてますからね。

「たぶんいけるだろう」と思って、気軽にやってみたんですよ。

 

すると、これがもうね、このエクササイズ。

1時間筋肉を動かしっぱなし(笑

そしてやった後、普通なら1日で筋肉痛が治まるところが、2日間筋肉が悲鳴を上げっぱなし(笑

もうすごいことになってました(笑

 

でも気持ちいい!

でも、上記の動画を実際にやってみると分かるでしょうが、20分ぐらいからやたらと気持ちよくなってくるんですよ。

ハードなはずなのに、息も上がって筋肉も疲れ始めているのに、なんかすっごい気持ちいい!

ランナーズハイと同じ原理なのかな、とか思ったりもしたんですが。

音楽とリズムに合わせて体を動かすのって、なんかいいですね。

ちなみに20~40分ぐらいまでがすっごく気持ちいいんですが、終盤になって床を使った動きに入ると、地獄が始まるので覚悟しておいてください(笑

 

あ、もしやる場合、多少体操とかして体をほぐしておいた方がいいでしょう。

いきなりあの動きを始めると、やばいかと思いますので(笑

 

あんまり体を動かしていない人とか、女性向けの場合、こういうエアロビクス的なエクササイズがいいかも。

私はこっちもやってみたんですが、30分だけでも十分に気持ちよかったです。

 

今は、「在る」ということだけを目標に生きてます

最近の私は、先日語ったように、ただただ「在る」ということだけを目標に生きています

大きな目標は抱えずに、「自分という命がこの世界に存在し続ければそれでいい」ということで、閉じこもっている状態です。

閉じこもって静かにしている状態なんですが、これがとても元気が出てきて気持ちがいいんですよね。

 

人生には、いろんなステージがあるように思います。

走る時期があれば、休む時期、与えるだけの時期、受け取るだけの時期、みたいな。

今までの自分のように生きる必要はなくて、ステージが変わったと感じたなら、どんどん自分の価値観を変えてもいいようにも思います。

 

元気になったら、また動き出せばいい

で、疲れたら休んで、元気になったら、また動き出せばいいかと思います。

私たちを心から愛してくれる天や神のような存在がいるとするなら、その存在はきっと、私たちに「元気に、喜びと共に生きて欲しい」と願っているかと思います。

「お前の元気なんかどうでもいい、俺を満たせ」と言うような、疲れる言葉や存在からは距離を取る方がいいように思います。

一方で、「元気でいよう。生き生きとして生きよう」と言うような、愛のある言葉や存在に触れているのがいいんじゃないかな、とも思います。

 

ちなみにこのブログは、好きなことだからやっているって感じですね。

私にとっては、こういう新しいコンセプトを考えるのは、癒やしにつながる活動なんですよ。

実際に、ここ数ヶ月で本当に心理的に荒れていたときでも、ブログを書いているときだけは心が静まって、心地よかったですからね。

私はこのブログを書くことで、心の穏やかさを得ている、みたいな感じです。

 

まとめ

まぁそんな感じで、気が向くままに心地よいことをしている毎日です。

そして体を動かすようになると、今まで以上にどんどん穏やかな自分でいられるようになって、心地よくなってきている状態です。

 

ある意味、「今は休むのが一番ワクワクする!」という状態ですね(笑

でも、その「休む」が、普通の人なら絶対にやりたくないと感じるような「ビリーズブートキャンプをやる」だったりすると(笑

それとか「ブログを書く」ことも、普通なら「働く」と感じるかもしれませんが、私にとっては「癒やす」に分類されるんですよね。

すると、他の人が見た「休む・癒やす」と「動く・働く」の判断基準なんて、相当いい加減なものだと分かります。

私のやってることだって、「ビリーズブートキャンプを自分から望んでやるなんて、あやえもさん、疲れているどころかめっちゃ元気やん!」とか言われそうですし(笑

 

こういう現象が理解できれば、なぜ「好きなことが価値になる」というのが成り立つかが分かるかと思います。

他の人にとってはゴミでも、自分にとっては宝物になることだってあると。

すると、自分にとってはありふれたゴミでも、他の人たちにとっては宝物になりうるわけです。

世の中の価値観なんて、そんなものなんですよね。

 

ということで、今日は「ビリーズブートキャンプをやってみました」という、しょーもないお話をしてみました。

今日はここまで~。

By | 2016-11-29T09:03:17+00:00 2016年 11月13日(日)|日記|ビリーズブートキャンプをやってみました はコメントを受け付けていません。