愚痴をビジネスにつなげよう、というお話(日本酒の例)

>>愚痴をビジネスにつなげよう、というお話(日本酒の例)

愚痴をビジネスにつなげよう、というお話(日本酒の例)

今日は、クリエイティブなお話をしてみましょう。

愚痴をビジネスにつなげよう、というお話です。

 

「身近にある安価なものを使って、豊かさを作る」という戦略

本題に入る前に、ここ最近このブログで説明している、「豊かになる戦略」を再度まとめてみましょうか。

私たちは嫌な仕事とか、嫌な人間関係からできるだけ離れて、豊かに安心して、好きなことをして生きていきたいわけです。

だから、最初の計画であるプランA「社会の競争に勝って、お金持ちになって、早くリタイアする」を狙うんですが、なかなかこれが実現できないと。

 

なら、そこで次の策として、プランB「できるだけお金をかけずに、それでも満足して生きられるスタイルを作り、そこから豊かさを広げていく」という策を説明しています。

これは、徹底的に「身近にある、安価なもの(ありふれたもの)」だけを使って、工夫をして豊かさを作り出すアプローチです。

クリエイターは、制作をしているだけでも結構幸せを味わえますからね。

なので、まずは質素に生きながらも、基礎的な部分を満たして、人生から「嫌なこと(嫌な仕事、嫌な人間関係)」を先に取り除きます。

すると自由な毎日が得られるので、制作を楽しみながら、豊かさを広げていくことができる、ということです。

 

ビジネスのネタが欲しいけど、どこから取っつけばいいのか分からない

でも、なかなかビジネスのネタが思いつかないことがありますよね。

すなわち、ビジネスのネタが欲しい場合、「どういう場所から取っつけばいいのか分からない」って問題があるかと思います。

「いったい何をすれば、価値を作れるのか分からない」、みたいな。

だから他の人がやっているのと同じようなことをするんですが、それだと競争になってしまいます。

そういう競争の世界(プランAの世界)は、既にすっごい実力の人がいて、私たちのような素人では太刀打ちできないわけです。

 

例えば絵や漫画が好きだった場合でも、絵が上手な人、漫画がうまい人なんて、世の中に山のようにいるわけです。

すると、「絵や漫画で収益を上げたいけど、こんな実力だと勝てないよ」ってなりますよね。

他者の軸で比べると、どうしても不利になってしまうと。

 

じゃあどうすれば、素人でも太刀打ちできるようになるのか。

それが今日お話しする、愚痴をビジネスにつなげよう」というお話です。

 

「日本酒の味表現」に対する不満

今日も、ちょっとしたツイートをご紹介。


 

なんだか高頻度でネタとして使わせていただいている、グルメ系の漫画家さん(なぐも。さん)のツイートなんですが。

ピザとピッツァの違いで、何度も紹介していたりします。

 

ツイートだけで、次の内容につながると分かる

で、彼は今度は、新しく日本酒に興味を持ったと。

でも、日本酒の表現って、やたら抽象的で、意味不明だって言うんですよ。

「気品ある香り」とか、「奥深い味わい」とかいう表現で、彼は「そんな味の説明じゃ、分からんわ!」と半ばキレてると(笑

それで、「菊正宗みたいな味、ファンタみたいな炭酸、みたいな表現だと分かりやすくていいのにな~」ともらしているんですが。

 

もう、このつぶやきだけで分かりますよね。

「あ、これって次の本の内容にできそう」みたいな(笑

すなわち、愚痴が自分のビジネスにつながっているわけです。

 

というのも、彼は「おいしそうな食べ物を味わって、漫画で分かりやすく紹介するのが好き」なわけです。

なら、日本酒のように、「おいしそうなのに、分かりにくい」ってのは、まさに格好のネタだと分かります。

すると、これからいろんな日本酒を味わって、「こういう味だと説明すれば、分かりやすいな」と考えればいいと。

そして、そういう漫画を作ればいいと分かります。

 

愚痴や不満が次のネタになる

もう一つ、彼のツイートをご紹介しましょう。


 

思いっきり不満を爆発させてますよね(笑

「自分は日本酒では甘口が好きなのに、なぜ世の中は辛口ばかりなんだ!」みたいな。

 

日常的な不満ツイートが、ビジネスとつながっている

でも、ここでもこの思考が既に、「次の本のネタにできる」って分かりますよね。

きっと、これから彼は、自分の大好きな甘口のお酒を楽しんで、気軽に味わえるように工夫するでしょう。

で、それらを漫画にまとめて、ファンの人に分かち合っていくと。

すると、ファンの人も「本当だ、甘口っておいしいな」と味わえて、「もっと味わい方を教わりたいな」という流れになると分かります。

 

こんな風に、彼の日常的な不満ツイートは、ビジネスとつながっているわけです。

すなわち、「自分の不満」と「自分なりの解決」が、リンクしていることになります。

 

「興味」と「でも、これがやだな」に目を向けてみよう

私たちは、「こういうのに興味ある」っていうものがありますよね。

でも、「なんか、これがやだなー」っていう足を引っ張るような要素があることって、多いじゃないですか。

「こういう趣味を持ちたいけど、人からこう思われるのが嫌だな」とか、「こういう遊びをしたいけど、こういう犠牲があるから嫌だな」みたいな。

 

「それ」が既に、ビジネスの種なんですよ。

それを、自分なりの能力を用いて、解決すればいいだけです。

すると、楽しみながら、自分なりの価値を作れると分かります。

 

だから、日常的に愚痴を言っている人の方が、むしろビジネスチャンスにあふれているぐらいです。

Twitterでもよく、愚痴を言うだけ言って、最後に「あぁ、お金が欲しい。億万長者になりたい。働くのやだ」とか言ってるじゃないですか。

私から見ると、「ええ? それら全部、ビジネスのネタにできるのに!?」みたいな感覚なんですよ。

「その『お金が欲しい』ツイートの、すぐ前にある自分のツイート群が、その解決策なのに! 自分で宝のありかを言ってるのに!」みたいな。

 

それぐらい、価値あるものは、私たちのすぐ身近にあるわけです。

ただ、それに気づいていないだけで。

どうすればその問題を解決できるのかは、こちらの記事(「本質をつかめる人が、将来すごい人になる、というお話」)をご覧くださいませ。

 

自分の周囲にあるものだけで、解決すればいい

でも、これを聞いても、多くの人が「私にはなぐもさんのような漫画の能力もないし、味の感覚もないし、あやえもさんのように分かりやすく説明できる論理力もないよ」と思ったりするんですよ。

そうじゃないですよと。

能力があったからやったんじゃなくて、使えそうな能力があったから、それを使っただけです。

そして、やっていたら自然と、その能力が伸びただけです。

 

見れば分かりますが、なぐもさんより美麗な絵を描く人は山ほどいますし、私よりもロジック作りが上手なプログラマーは山ほどいます。

たまたまなぐもさんは「この食べ物がおいしいことを伝えたい」と思った時、絵を描くのが好きだったので、絵を使っただけです。

私の場合は、「こういう考え方をすると、楽しめるな」と思ったとき、論理と文章で説明することができたので、それらを使っただけで。

共に、スキル単体で見ると、全くたいした能力ではありません。

 

でも、そんな「身近にある能力」だったとしても、「使えるもの」を組み合わせると、すごい強力な可能性を発揮するんですよ。

例えば私たちだって、家とか、生活用品とか、服とか、寝具とかでも、「使えないもの」がどれほど多くあっても、豊かさを感じません

だから、「貧乏人の家ほど、無駄なものが多くある」わけです。

それは、貧乏人ほどものが多いのに、使いこなせていないからですね。

 

そうではなくて、身近なものでも、「使えるもの」を重視するわけです。

それら「使えるもの」を中心に生活を組み立てていくから、少ないものでもいろんなことができて、満足度を高められます。

そして、それら「使えるもの」は、高価なものではなくて、むしろ安価にある、ありふれたものです。

だからどんどん分かち合うことができて、豊かになれるわけですね。

 

まとめ

そういう風に、ビジネスのネタを見つけたい場合、愚痴に着目してみるのもいいでしょう。

その不満や愚痴が、種になるんだと。

そして、「使えるもの」を使ってうまく解決すると、自分も満足できるし、分かち合えば他の人も喜んでもらえます。

 

そうやって解決していると、自分なりのスタイルができてくるんですよね。

 

そう考えると、自分なりのスタイルで、自分なりの収益を作りやすくなるんじゃないかと思います。

競争に勝てなくても、自分の周囲にある安価なものだけを使って、自分なりの豊かさを作ることができる、ということですね。

 

ということで今日は、「愚痴をビジネスにつなげよう」、というお話をしてみました。

今日はここまで~。

By |2017-08-19T21:26:21+00:002017年 8月19日(土)|ビジネス|