ここんとこクリエイティビティーのお話が続いていますが、とりあえず今日までそのお話をしてみましょう。

「クリエイティビティーがあれば、失うことを恐れなくなる」、という、精神的なお話です。

 

失うことを恐れなくなるには?

私は結構「手放すこと」とか、「失うこと」を受け入れられるタイプなんですよ。

糖質制限を始めた時も、米、パン、麺類、砂糖が多く入ったものは食べられなくなったわけです。

乳アレルギーが発覚した時も、乳製品が全部口にできなくなったと。

普通は「大変そう」と思うかもしれませんが、私の場合、全然困ることはなかったんですよ。

 

それが、クリエイティビティーでフォローできるからですね。

例えば糖質が多く入ったものを食べられなくなったとしても、お肉とか魚、野菜を今まで以上に楽しめるようになったわけです。

乳製品がダメになっても、代替品でできますし、なければ工夫して作ればいいわけで。

それに、今まで食べたことがないような食材って、結構たくさんあるんですよ。

だから、全然「喜びを失うこと」にはならずに、むしろ「新しい世界に入れるように、背中を押してくれた」ってな感じです。

 

ほら、私たちだって、旅行する時にはワクワクするじゃないですか。

だったら、日本からフランスに行ったら、多くの日本料理は食べられなくなるでしょう。

でも、そこで新たにフランス料理を食べられますよね。

イタリアに行ったら、イタリア料理を味わえばいいわけで。

 

世の中には、それだけ多くの豊かさや楽しめるものがある、ということです。

「米とかパンを食べられなくなる」、「乳製品を食べられなくなる」というのは、「日本からフランスに行く」、「フランスからイタリアに行く」のと同じノリです。

むしろ、新たな世界を開くために、背中を押してくれたのと同じですよね。

 

「失うこと」は「海外旅行に行く」のと同じノリ

だから、私は失ったとしても、結構すぐに受け入れられたりします。

私は昔、ゲーム制作をしていたんですが、アニメに乗り換えたり、写真加工技術を作ったり、FPSゲームとか本を作ったりしましたよね。

もう、今まで作り上げたのを手放しまくりで。

これは言うなれば、「いろんな国に旅行しよう!」ってのと同じノリです。

 

クリエイティビティーがあれば、楽しさは見つけ出せるんだと。

で、たとえ私が片目を失明することになったとしても、片腕を失うことになったとしても、結構すんなりと受け入れるでしょう。

というのも、それを失ったとしても、そこから新たな世界が広がるからですね。

 

むしろ、「この歳までもってくれて、ありがとう」と感謝するぐらいです。

だって、どのみちこの体の全ては、いつか死ぬわけですから。

言うなれば、この体とこの命は、全部「借り物」みたいなものです。

いつか、全部返す日が来ると。

 

だったら、「精一杯使って、楽しんでおこう」と思うんですよね。

どのみちいつかは使えなくなるんですから、失うことは恐れないと。

中には、「失ったらどうしよう、失ったらどうしよう」と不安におびえつつ、一生を不安でつぶしてしまった、みたいな人もいるんですよ。

そういうのって、ちょっともったいないな、と感じたりするんですよね。

 

まとめ

ふと思うと、私はそういう風にして、いろんな新しい世界を旅行し続けているのかもしれません。

ゲームの世界に触れたり、アニメだったり、写真加工だったり、自己啓発やストーリーライティングだったり、そういういろんな世界を旅し続けていると。

だから私は、スーツケース一つでどこにでも行けるような、そんな身軽さが大好きなのかもしれません。

そして、今までいた場所や思い出に別れを告げつつ、いろんなものを失いつつ、それでも新しい毎日を楽しんでいるような気もします。

 

でもよくよく考えると、誰にもそんな「人生のステージ」ってあるものですよね。

その人生のステージが変わるということは、別の国に行くようなものだと思えばいいでしょう。

すると、「この国は、どんな美味しいものが待っているんだろうか」と、ワクワクできるかと思います。

 

もちろん、私でも苦しいこととか、泣きたいことは多くあります。

私はいろんなことに挑戦してますが、9割方は失敗ですからね。

2年以上かけたアニメも失敗して、FPSゲームのオンライン版も1年経たずにサービス終了とか。

悔しくて泣いたり、出した本でもAmazonで☆1のレビューを受けて、「理解してもらえないのか」と寂しい思いを抱えたり、そういうことだらけです。

それでも楽しさを見つけ出せるから、旅をやめられない、ってことですね。

 

だからこそ、ここを読んでくださるような理解してくれる人が、心から「ありがたいなぁ」と思えるんですよね。

そして「じゃあ次のステージも、もっと楽しんで、理解してくれる人に教えてあげよう」と前向きに生きられると。

そういう意味でも、やはり私にとってこのブログを見てくださる方というのは、ありがたくて感謝できて、大切な人だな、と思えるんですよね。

 

それが、今の私にとっての、「失うことを恐れなくする工夫」でしょうかね。

こういう生き方も、いいんじゃないかと思います。

 

ということで、「クリエイティビティーがあれば、失うことを恐れなくなる」、というお話でした。

とりあえず、ここ1週間ぐらい続いたクリエイティビティーに関するお話は、ここで一区切りです。(たぶん)

今日はここまで~。