「身近なものに、好きなことを加えて楽しませる」という発想

Home>クリエイティブ>「身近なものに、好きなことを加えて楽しませる」という発想

「身近なものに、好きなことを加えて楽しませる」という発想

今日は、クリエイティブなお話です。

「身近なものに、好きなことを加えて楽しませる」という発想で面白いものがあったので、ご紹介してみましょう。

 

デザイン・シュガー「天使の羽」

興味深いツイートを2つほど見つけたので、ご紹介。

まずは一つ目。


 

これはデザイン・シュガーと呼ばれるもので、文字通り角砂糖にデザインを加えて、ちょっとおしゃれにしたものですね。

上記のような羽タイプだけでなく、いろんな種類があるようで。

友達とか家に呼んで、お茶を出すときにこういう砂糖を一緒に出せば、「なにこれかわいい!」って盛り上がりそうですし。

私はデザイン・シュガーというものは今日初めて知ったんですが、こういうのって面白いですよね。

 

ウサ耳ブーツ

で、もう一つ興味深いツイートがあったので、ご紹介。


 

韓国語なので、何を書いているのか分かりませんが(笑

これも、身近なブーツにウサギの耳を加えて、可愛く仕上げたもので。

 

「身近なものに好きなことを加えて楽しませる」という発想

こういうワンポイントの遊び心って、面白いですよね。

すなわち、こういう「身近なものに好きなことを加えて楽しませる」という発想も、十分にビジネスのネタとしてなりうるわけです。

 

以前にミズクラゲのベレー帽を作ったクリエイターさんをご紹介しましたが、それと同じです。

おそらくこういうのを作った人って、普段から羽のモチーフが好きだったり、ウサギが好きだったりしたんだと思うんですよ。

で、好きで好きでたまらなくて、いつも触れていたいから、ついやっちゃった、みたいな(笑

 

「これが好き」で自分を演出する

で、そういう人は、自分なりの「これが好き」っていう世界観を持っているものなんですよね。

その世界観で統一すれば、見事な新たなスタイルができるわけです。

すなわち、「これが好き」で自分を演出してみることですね。

 

ウサ耳ブーツだって、できれば帽子にもウサ耳をつけたいぐらいかもしれません(笑

目立つのが嫌なら、ウサ耳ピンでも作って、胸ポケットからウサ耳が出ていたりすると、なんかワンポイントアクセサリーとしても可愛いですし。

ボールペンにウサ耳をつけるキットを作ったり、こういうウサ耳の風呂敷とかも行けるかもしれません。

 

それとか、以前お世話になった怪奇系漫画を描かれている漫画家さんでも、その方は以前、オリジナルで目玉のイヤリングを作っていたんですよ。

ホラー系のイヤリングなので、「耳の下からも、目玉が見ているぞ」みたいな(笑

これも、その人の「怪奇系が好き」という世界観を出す、とてもいいアイテムですよね。

 

まとめ

そういう風に、身近なものにどんどん好きなことを加えて楽しんでみると、新たなアイデアが出てくるんじゃないかと思います。

「好きなこと」と「身近なもの」が組み合わさると、だいぶジャンルが限られてきますからね。

特に、「身近で困るぐらい有り余っているもの」に「好きなこと」を加えて世界観を統一すると、強みになりそうな予感がします。

 

自分にとっては有り余っているものでも、他の人は全然それを持たなかったりするんですよ。

なら、それを分かち合えば、相手にも喜んでもらえるし、豊かになれるということですね。

 

こういう発想もいいんじゃないかな、と思います。

 

ということで、今日は「身近なものに、好きなことを加えて楽しませる」という発想について、お話ししてみました。

今日はここまで~。

By | 2016-11-26T14:38:17+00:00 2016年 11月26日(土)|クリエイティブ|「身近なものに、好きなことを加えて楽しませる」という発想 はコメントを受け付けていません。