(作家向け)「あなたの作品はシリアスすぎる」と言われた場合、どう作ってゆけばいいか

Home>作家向け, 心理学>(作家向け)「あなたの作品はシリアスすぎる」と言われた場合、どう作ってゆけばいいか

(作家向け)「あなたの作品はシリアスすぎる」と言われた場合、どう作ってゆけばいいか

今日は、少しだけ作家向けのお話です。(普通のビジネス心理学としても通用します)

「あなたの作品はシリアスすぎる」と言われた場合、どう作ってゆけばいいか、というお話です。

 

「あなたの作品はシリアスすぎる」と言われたら、どうすればいいか

物語を書いている人で、シリアスな演出が好きな人がいるじゃないですか。

そういう人が誰かに自分の物語を見せた場合、「あなたの作品はシリアスすぎる」と言われることがよく起こります。

それとか、コメディが好きな人が作品を見せたら、「シリアス分が足りない」、「笑いばっかりでつまらない。感動がもっと欲しい」とか言われることもあるでしょう。

こういう場合、その後どう作ってゆけばうまくいくのか、という問題がありますよね。

 

実は、普通の人に自分の作品を見せて、「あなたの作品はシリアスすぎる」と言われた場合、もっとシリアスにすればうまくいきます

多くの人が、ここで「もっとライトなノリにしよう」とか、「もっとコメディを交えていこう」とするんですよ。

でも、私の経験から言うと、こういう「特徴をなくす」という対応をした人はかなりの率で落ちぶれていて、時に作るのが面白くなくなって、作ることそのものをやめていたりします

 

「少し太った俳優志望者」は、もっと太ればキャラが立つ

なら、なぜ「シリアスすぎる」と言われた場合、もっとシリアスにすれば売れるのか。

それは、たとえて言うなら俳優オーディションで、審査員から「君はちょっと太ってるね」と言われた俳優と同じです。

その俳優志望者は、やせてもオーディションには受からないんですよ。

だって、やせている俳優はもっと競争率が高い世界なんですから。

 

そうではなくて、その俳優は、もっと太ればオーディションに受かります

それは、「太ったキャラ」として使えるからですね。

 

人が作品を見て、一番最初に指摘する場所というのは、その人が持っている最も特徴的な点です

一番目につく特徴を、人はやっぱりちゃんと見ているんですよ。

だから、その特徴について真っ先に語ります。

 

でも、作家志望者とか俳優志望者とかの場合、その強みをうまく伸ばせていない状態が多いわけです。

すなわち、特徴が洗練されていないと。

 

読み手は「平均的なメジャー」と比べる

で、そこで読み手側は、「君の強みはシリアスです。でも、この作品では、まだシリアスが洗練されていませんね。それを伸ばせばいいですよ」とは言いません。

読み手は、「作者が持つ、未だ形作られていない個性の完成形」を予測することはなく、まず間違いなく「一般的(メジャー)なもの」と比べます

すると、読み手側は、「なんかシリアスが出しゃばっている」と感じてしまうわけです。

だから、「あなたの作品はシリアスすぎる」、「あなたはちょっと太っている」と言うわけですね。

こうして「作者の個性や強みを削った、全く役に立たない読者アドバイス」ができてしまうと。

 

このアドバイスを実行に移してうまくいくことは、まずありません

そのアドバイスに従ってできあがるのは、ほとんどの場合、「何の特徴もない、つまらない作品」です。

で、そういう小さく平均的な作品というのは、メジャーが大資本をかけて投下した作品にかなうはずがありません。

だから、ほぼ間違いなく競争に巻き込まれて、簡単に敗北していきます。

 

特長を伸ばせば、能力は伸びてゆく

でも哀しいことに、「シリアスすぎると言われた。だからもっとコメディタッチにしたり、ライトなノリにしよう」という作家さんは山のようにいます。

もっと哀しいことに、出版社の編集者でも、新人賞の論評を書く人にも、これを分かっていない人が多くいます。

まあそれは当然で、彼らは「人を育てる」のが仕事ではなくて、「育った人を使い、多くの収穫を得る」のが仕事ですからね。

そしてそれを真に受けた作家志望者は強みを失い、好きなことができなくなり、力を出せなくなり、自信を失い、自分が書きたかったことも分からなくなり、書くことそのものをやめてしまうんですが。

 

一方で、私とか人材を育てる側に立っている人、もしくは見る目がある一部の読者は、「あ、この人はこの個性を伸ばせば強みになる」と分かるんですよ。

だから、何らかの特徴があった場合、ちゃんと「この点はあなたにとって素晴らしい特徴だから、もっと伸ばしましょう」と示すことができます。

これが分かっていて、ちゃんとそれを示して励ましてあげれば、能力は自然と伸びていきます。

だって、人は自分の特徴が長所だと分かると、嬉しくなってもっと伸ばしたくなりますからね。

 

まとめ

作家志望者の場合、こういう点に注意するといいかと思います。

普通の人に読んでもらって「あなたの作品はシリアスすぎる」と言われた場合、それはもっとシリアスを洗練させればいい、ということです。

「笑いばっかりでつまらない。感動がもっと欲しい」と言われた場合、もっと笑いを洗練させればいい、ということです。

裏を返すと、まだ自分の作品がそこまで洗練されていなくて、強みになりきっていないからこそ、そういう反応を得てしまうんだと。

 

特徴をなくす方向に動くんじゃなくて、特徴をもっと強めて、目立つ強みにしましょうと。

すると、うまくいくんじゃないかと思います。

 

ということで、今日は「あなたの作品はシリアスすぎる」と言われた場合、どう作ってゆけばいいか、というお話をしてみました。

今日はここまで~。

By | 2016-09-16T19:22:16+00:00 2016年 9月16日(金)|作家向け, 心理学|(作家向け)「あなたの作品はシリアスすぎる」と言われた場合、どう作ってゆけばいいか はコメントを受け付けていません。