「いつ独りになってもいい」、「いつ死んでもいい」という覚悟があると、好きに生きられる

Home>スピリチュアル>「いつ独りになってもいい」、「いつ死んでもいい」という覚悟があると、好きに生きられる

「いつ独りになってもいい」、「いつ死んでもいい」という覚悟があると、好きに生きられる

今日は短くてシンプルに、精神的なお話をしてみましょう。

「いつ独りになってもいい」、「いつ死んでもいい」という覚悟があると、好きに生きられる、というお話ですね。

 

最悪の事態を受け入れると、後は上がるだけ

今日、ちょっと苦い出来事があったんですよ。

それでも結構あっさりと、「まあ、仕方ない」みたいに苦しいことを受け入れられたんですよね。

 

ふと気づくと、私は「最悪の事態を想定して、受け入れる」という決断が結構早いんじゃないかと思います。

以前は意識的に考えていましたが、今では無意識でやってるんですよね。

だから、苦い出来事があったときは、自然と「この出来事で最悪な結末は何だろう」と考える習慣ができていたりします。

 

それで、最悪のことっていうと、大抵は「独りになること」と「死ぬこと」なんですよね。

私はこれを、「いつ独りになってもいい」、「いつ死んでもいい」と受け入れられているから、最悪の事態を早めに受け入れられると。

最悪を受け入れれば、それ以上は落ちることはないので、安心するんですよ。

すると、後は工夫次第で上がっていくだけになりますよね。

 

だから、「生きているだけで丸儲け」になって、「今日も美味しい夕飯を食べられた。それだけで、まあいっか」と納得できると。

そして、「後どれぐらい生きられるかは分からないけど、精一杯生きよう」と前向きになれるわけですね。

この覚悟があれば、人生を好きに生きられて、しかも精一杯前進してゆけるんじゃないかと思います。

 

覚悟を決める方が、痛みは少ない

そして、私の感覚では、覚悟を決める方が痛みは少ないように思います。

普通は「覚悟を決めて動くと、傷つく」と思いますよね。

でも実際はそうじゃなくて、覚悟を決めて「傷ついてもいい」と思う方が、傷は受けないんですよ。

 

痛みは痛みでも、「受け入れた痛み」と「嫌なのに強制される痛み」の二種類があります

「受け入れた痛み」よりも、「嫌なのに強制される痛み」の方が苦しいものです。

で、傷ついてもいいと覚悟を決めれば、全ての痛みを「受け入れた痛み」にできると。

だから、予想外な角度から来るものは痛くても、覚悟を決めて、予想できている痛みは、実は痛くないんですよね。

 

まとめ

そういうこともあって、「いつ独りになってもいい」、「いつ死んでもいい」という覚悟は結構使えるのでオススメです。

覚悟が決まれば、自由になれて、好きな道を選べると分かります。

こういう考え方もいいんじゃないかな、と思います。

 

ということで、今日は「いつ独りになってもいい」、「いつ死んでもいい」という覚悟があると、好きに生きられる、というお話をしてみました。

今日はここまで~。

By | 2016-01-26T20:54:02+00:00 2016年 1月26日(火)|スピリチュアル|「いつ独りになってもいい」、「いつ死んでもいい」という覚悟があると、好きに生きられる はコメントを受け付けていません。