「ぱかっとラック」という発想がよかった

Home>クリエイティブ>「ぱかっとラック」という発想がよかった

「ぱかっとラック」という発想がよかった

今日は、クリエイティブなお話です。

「ぱかっとラック」という発想がよかったので、ご紹介してみましょう。

今日から縮小更新を目指しているので、できるだけ短く!(笑

 

同人誌即売会用の本立て「ぱかっとラック」

面白い商品があったので、ご紹介。


 

自分の強みを掛け合わせて考える

以前に「あの布」という同人誌即売会用のテーブルクロスをご紹介しましたが、それと似たようなアイテムです。

これも、「自分が必要としていたものを自分で満たして、それを分かち合う」というスタイルですよね。

実際に製作者さんは同人活動をやっていますし、「こういうのがあったら便利だな」というのを思い描いたんだろうと思います。

で、なおかつこのお方は、金属加工ができる環境にいたんでしょう。

そういう「自分が欲しい!」と「自分にはこれができる!」というのを組み合わせると、こういうのができるんですよね。

 

今は「特殊な日に使う、便利アイテム」を狙うとよい

で、「こういうのがあったら便利だな」というのは、別に日常生活で必要なものではなくても大丈夫です。

むしろ、何か「特別な日や状況」みたいな時に使うものを狙う方がいいでしょう。

例えば上記の「ぱかっとラック」でも、サークルとして同人イベントに参加するのでも、多くても1ヶ月に1回ぐらいですよね。

まあ、普通は2~3ヶ月に1回とか、半年に1回ぐらいで。

それぐらいの「こういう特殊な日に使う、便利アイテム」というぐらいでいいんですよね。

 

今は、既に「日常生活での便利アイテム」はほぼ出そろっています。

そういう生活必需品とか、生活便利アイテムは、大手が独占している状態です。

すると、次は「特別な日に役立つもの」もしくは「特別な状況で役立つもの」が売れるものになってゆきます

「旅行の日だけに役立つアイテム」とか、「同人イベントの日に役立つアイテム」、「こういう趣味を持つ人にのみ役立つアイテム」みたいな。

 

まとめ

そういう風に、どんどん区切って考える方が、よりよい発想ができるでしょう。

すると、自分の趣味とか特徴から、分かち合える豊かさが見つかるんじゃないかと思います。

 

ってことで、今日は「ぱかっとラック」という発想のお話でした。

今回はここまで!

By | 2016-12-01T09:59:20+00:00 2016年 12月1日(木)|クリエイティブ|「ぱかっとラック」という発想がよかった はコメントを受け付けていません。