今日は、思いっきり精神的なお話をしてみましょう。

「教え」から離れる時間を取ると、ほっとできる、というお話です。

 

疲れがひどかった原因

実は今の家に引っ越してきてから、なんか調子がよくなかったんですよ。

特にここ数ヶ月は、ちょっとした精神的ショックな出来事もあって、疲れがひどくて。

それで筋トレとかビリーズブートキャンプを始めたりただ「在る」ということを目標にしたりと、いろいろ模索していたんですが。

 

で、ようやくその根本的原因らしきものが分かりました。

食物アレルギーが原因でした

「去年に引き続き、今年もアレルギー発覚かよ!」とか言われそうですが(笑

この家に引っ越してきてから、台所が少し生活と切り離された場所にあることで、食事スタイルが変わった上に、単調な食事になっていたんですよ。

それがアレルギーと疲労を引き起こして、調子が悪くなっていたと。

 

数日前にこの原因を突き止めて、食生活を改善することで、現時点ではだいぶ復活してきました。

この食物アレルギーのメカニズムと対処法については、またいつかお話することにしましょう。

今日は、その疲弊した状態で分かったことのお話です。

 

ただ「在る」ということだけを目標にした生き方

復調してきた今でも、ただ「在る」ということを目標にした生き方は続けてます。

この生き方というのは、簡単に言うと「大きな目標」を持つのではなくて、「自分が存在すればいい」という程度の目標に下げることですね。

すると、「周囲や社会」と「自分」が切り離されたような感覚になります。

周囲や社会はめまぐるしく変化しているのに、自分だけが閉じこもって、その大きな流れから切り離された感覚ですね。

 

この社会の流れから切り離された感覚が、「安らげる場所」なんですよ。

愛されて育った人は、心の中にこういう「世間の厳しさからは切り離された、安らげる絶対領域」を持っているわけです。

それは言うなれば、「疲れても、ここに戻れば安全だ」という心の拠点を持つことと同じです。

そういう拠点(心の家)があるから、リスクを冒してでも冒険に出ることができるわけですね。

すると、「強くならなきゃ」とか「周囲を変えなきゃ」と強迫観念のように求める必要がなくなって、安心して外の世界に打って出ることができると。

 

「教え」から離れることで、安らぎが手に入る

これは言うなれば、全ての「教え」から離れることを意味するわけです。

「教え」から離れることで、安らぎが手に入る、ということですね。

 

ほら、よくある教えとして、「感謝しなさい。すると幸せが得られますよ」とかありますよね。

一方で、「在る」だけで得られる安らぎはそうじゃなくて、その「感謝しなさい」という教えそのものから離れる感覚です。

すなわち、「別に感謝しなくてもいいんだ」と自由になると。

 

私の場合、今までは夕食でも「感謝して食べよう」とその教えに従っていたわけです。

でも、「在る」だけでいいのであれば、無理に感謝しなくていいですよね。

そして「無理に感謝しなくていい」と分かると、自分を偽らなくてすむので、ほっとするんですよ。

そのほっとしたときに、「このブリの照り焼き、おいしいな」と味わえたわけですね。

安心して味わえたから、感謝ができたと。

 

まとめ

そういう風に、全ての「教え」から切り離されて、自分軸に立ち戻る感覚です。

よくよく考えてみると、「教え」というのは全て、他人軸になるものです。

なぜエネルギーを失っていくのかというと、自分軸が発揮できない状態(「本当の自分が欲すること」ができない状態)だからですよね。

なら、エネルギーを失ったときには、世間から切り離されるだけでなく、「教え(全ての他人が言っていたこと)」からも離れてみましょうと。

すると安らげて、結果として教えの効果が発揮される、ということです。

 

そういう風に考えると、疲れた時でもエネルギーを取り戻せるかもしれません。

 

今回の疲労では、これ以外にもいろいろ学んだことがあるので、それもおいおいお話ししていくとしましょう。

ってことで、今日は「教え」から離れる時間を取ると、ほっとできる、というお話をしてみました。

今日はここまで~。