Project Description

“頭の中にあるものを’プロット’だとは言わない。書き出されたものだけが’プロット’なんだ”

プロットを作る上で、必要なルール

このページでは、プロットを作る上でのルールについて説明しています。

  • プロットを作る上で重要な、二つのルールとは?

これによって、どのようにプロットを作ればよいのか、その方向性が理解できることでしょう。

プロットを作る上での、二つのルール

プロットのメリットを最大限に発揮するために、次のような「二つのルール」があります。

プロットを作る上で重要な、二つのルール:

  • 紙やエディタなど、必ず文章などで書き出す。
  • 考えていない点を出し尽くすまで、プロットを作り込む。

以下で、それぞれについて説明してゆきましょう。

ルール(一): 紙やエディタなど、必ず文章などで書き出す

一つ目のルールは、プロットは、紙やエディタなど、必ず文章などで書き出すことです。

私たちが頭の中で考えられるのは、実はそれほど多くはありません。書き出して初めて、考えていない点を判明させることができます。

言うなれば、頭の中にあるものは、「プロット」ではありません。それは「ネタ」や「イメージ」です。書き出されたものを「プロット」と呼ぶのです。

そのため、必ず紙に書き出すようにしましょう。

ルール(二): 考えていない点を出し尽くすまで、プロットを作り込む

二つ目のルールは、考えていない点を出し尽くすまでプロットを作り込むことです。

つまり、プロットは、「プロットに従って書き下すだけで、貴方(もしくは執筆担当者)が最後まで滞りなくできる状態まで作り込む」、ということです。プロットがあれば、基本的に執筆の手が止まることはありません。

家を造る例で言うと、着工した後で、現場の人が「さて、この部屋はどんな大きさの部屋にしよう?」などと考え込むことはありえません。設計図があることで、現場の人は、自分の専門である組み立てに集中できるのです。

物語でも同じで、設計をしっかりしておくことで、執筆段階では文章表現や情景描写に集中できるのです。

そのためにも、プロットでは「考えていない部分がない」、「これがあれば、滞りなく最後まで執筆できる」という状態まで作り込みましょう。

雑談コラム:「プロット」も一つの作品

人によっては、「執筆」よりも「プロット」を好むタイプの人もいます。物語の全体像をイメージするのが好きで、細々とした執筆が面倒に感じるタイプの人ですね。

その場合、必ずしも執筆までする必要はありません。「プロット」も、一つの作品として、完成形にできます

これからの時代は、「プロット専門」の作家も、どんどん必要とされるでしょう。というのも、物語作りでも、ますます専業化が進んでいます。「プロットが苦手だから、プロットだけが欲しい」という作家や漫画家、映像作家なども多くいます。

だから、プロットが好きな人は、プロットを作品として公開すればよいのです。建築の設計士が設計図を「自分の作品だ」とするのと同じですね。

まとめ

  • プロットを作る上でのルールには、「文章として書き出す」、「考えていない点を出し尽くすまで、プロットを作り込む」という二つがある。
  • それによって、プロットを作るメリットを発揮することができるようになる。
前の記事へ
次の記事へ

クレジット