最近はプロットについてのお話が多かったので、今日は少し路線を変えて、心理についてお話ししてみましょうか。

「思考停止」の本質について、お話ししてみましょう。

 

「思考停止」の本質とは?

久しぶりに、「思考停止」という単語を見たんですよ。

まあこういう単語は、人が他者を批難する用語として使われるのがほとんどなんですが。

じゃあ、そもそもその「『思考停止』とは何だろう?」と、考えてしまったわけです。

 

少し話はそれますが、普通、「他の人を先に成功させようとする人ほど、分かち合える」、「自分を先に成功させようとする人ほど、分かち合えない」って思いますよね。

他にも、「自分軸がない人ほど、変化できる」、「自分軸がある人ほど、変化できない」と思いがちです。

 

でも実は、これらは全く逆なんですよ。

「自分を先に成功させようとする人ほど、分かち合える」ようになります。

また、「自分軸がある人ほど、変化できる」ようになります。

なぜこうなるのかを、「思考停止」と「現状維持」から説明してみましょう。

 

「思考停止」とは「現状維持」のこと

結論から言って、「思考停止」の本質はというと、「現状維持」だと言えるでしょう。

「思考を続けている人」というのは、「現状から出続けている人」ということですね。

すなわち、昨日までとは違ったことを絶えず模索している人ほど、「思考をしている人」だと言えると。

 

というのも、昨日と同じ考えにしがみついているから、変化できない状態になってしまう(思考停止してしまう)わけです。

だから、「思考停止」と「現状維持」は同義だと分かります。

これは単純なので、分かりますよね。

 

ところで、「思考する(現状から出る)」というのは、言い換えると「昨日まで作り上げてきた習慣(成功法則)を手放す」ことだと言えます。

習慣というのは、「自分なりの成功法則」のことですからね。

だから、自分の習慣(成功法則)を手放せるほど、新たな習慣(新たな成功法則)を身につけられるようになると。

これも、単純なので分かりますよね。

すなわち、「思考する(現状から出る)」というのは、自分の習慣(成功法則)を手放すことなんだと。

 

他者を先に成功させたいか、自分を先に成功させたいか

だったら、私たちは二つのアプローチを持つことになります。

一つは「他者に思考を求める」ことで、もう一つは「自分が思考する」ということです。

で、これは言うなれば、他の人に「思考しろ」と言うことは、「貴方が成功してください。そうすれば、私の居心地をよくできます」ということです。

で、自分が思考するというのは、「私が成功します。そうすれば、みんなの居心地をよくできます」ってことですね。

 

まあどっちでもいいんですが、私は、私が他の人よりも先に成功する方が好きなわけです(笑

だってそうでしょ!(笑

「他人が成功するよりも、私が成功したいよ!」って思うでしょ!(笑

私は自分に素直なので、私は誰よりも先に、私自身が成功したいわけです。

 

だから、私は自分の成功法則をどんどん人に与えて、分かち合うわけです。

「成功法則を人に分かち合う」ってことは、「自分がその場から卒業する」ことを意味します。

そして自分を変えて、現状を出て、新たな自分に生まれ変わってゆく方を選んでいる、ということです。

 

他者の成功を優先すると、分かち合えなくなる

一方で他の人の成功を優先するほど、自分の成功法則を人に分かち合えないものです。

「これが成功法則だ」って知ったら、それを自分だけの特権にしようとします。

それは、子どもの頃ならうまくいっていた成功法則でしょうが、大人になってからは通用しないものなんですよ。

でも、それにしがみついているわけです。

それ以上の成功や特権が世の中にあることも知らずに、その狭い世界に居続けるわけですね。

 

これは言うなれば、「自分の成功を放棄している」と言えます。

その上で居心地のよさを願うわけですから、「自分よりも、他の人の成功を優先する」と言えるわけですね。

自分から、成功しない方向に突っ走っているんだと。

 

普通は「自分よりもみんなを先に成功させたいような聖人ほど、分かち合う」とか思いがちですよね。

でも実際は、「自分が誰よりも先に成功したいから、周囲の人と分かち合う」になるわけです。

だから、豊かさを分かち合えるわけですね。

逆に、「みんなを自分よりも先に成功させたい」という人ほど、実は分かち合えないと。

 

だいたい「最初に成功する」ってのは、実はみんな願っているのに、誰もやろうとはしていないんですよ。

というのも、そこは成功法則がない世界だからですね。

自分をどんどん変化させなきゃいけないわけで、これは「自分軸」がある人でなきゃできないんですよ。

 

「自分軸がある人」とは、「目的がある人」とも言えるでしょう。

だから、自分軸がある人ほど、自分を変化できると。

逆に、目的がない、すなわち自分軸がない人ほど、自分を変えられなくなって、現状に居続けるわけですね。

 

まとめ

これが、「現状維持から出る」、すなわち「思考する」ということかなと思います。

「思考停止」の本質はというと、「現状維持」なんだと。

で、変化を起こしたいなら、他者を批判する前に、自分が現状から出ることが手っ取り早いということですね。

まあ私は他の人よりも、私自身が成功し続けていたいので、自分を変え続ける方を選ぶんですが(笑

 

だから、私は満足しながら成長し続けて、ファンの方々にどんどん智恵や知識を分かち合えて、みんなから喜んでもらいながら生きることができているんじゃないかな、と思います。

自分を一番先に成功させる、ということです。

そして、自分を変化させたいなら、自分軸(目的)を持つことですね。

こういう考え方をしてみるのもいいんじゃないかな、と思います。

 

ってことで、今日は「思考停止」の本質について、お話ししてみました。

今日はここまで~。