複雑なのが優れていると考えるか、シンプルなのが優れていると考えるか

>>複雑なのが優れていると考えるか、シンプルなのが優れていると考えるか

複雑なのが優れていると考えるか、シンプルなのが優れていると考えるか

あ、コメント欄の「コメントを送信」ボタンが見えない状態になってました。

修正しておきましたので、投稿できるようになってます。是非どうぞ。

ご迷惑をおかけしました。

 

昨日に「自己啓発系はもう休止する」とか言ったのに、舌の根も乾かないうちに、既に今日のタイトルからしてもうそれっぽいんですが(笑

昨日、「小さな違いを見つけるのが得意なタイプ」「共通点を見つけるのが得意なタイプ」の二種類があるって触れましたよね。

前者を「分類学者」と呼んで、後者を「統一理論学者」と呼ぶと。

で、人口比で言うと、9:1ぐらいなんだと。

 

それで、こういう質問があったんですよ。

これは生まれつきのものでしょうか?
また、自分はどっちのタイプなのか、見分ける方法はありますか?

可能なら自分も統一理論派(?)になりたい、、、かな? と思うのですが、
なる方法ってありますか?

今日はこのお話をしてみましょうか。

 

「違いを見る」か「共通点を見る」かは、考え方次第

結論から言うと、これは後天的なもので、「考え方次第」ですね。

人は普通、違いにしか目が行かないんですよ。

というのも、「同じもの」というものは、認識しにくいからですね。

違いがあって、初めて「あ、これとこれは違う」と分かるわけです。

 

分類学者だけでなく、人間って基本的に、いろいろとタイプ分けをして分類するのが大好きなんですよ。

血液型にしろ、エニアグラムにしろ、性格診断にしろ、「貴方はこういうタイプです」とか、「この人はこういう種類の人です」、「こういう人には、こうしなさい」っていう風に、分類するのが大好きですよね。

分類学者(というか普通の人)は、こんな風に「違いの特徴が重要」という風に捉えて、考えていきます。

 

でも、ある種の人は、その後にちょっと違った思考をします。

それが、「でも、結局みんな同じだよね」とさらにステップを入れて考えることですね。

これが、統一理論学者の考え方になります。

 

例えば「あいつだけいつもわがまま言う、嫌な奴だ」っていう人がいたとしましょうか。

分類学者タイプの人、すなわちほとんどの人は、「わがままを言う嫌な奴」というくくりを作るわけです。

そして、「あいつもあのタイプだ。こいつもあのタイプだ」というふうに、分類していくわけですね。

 

でも、統一理論学者の場合、その後に「でも、結局みんな、同じことをしていることになるよね」と、共通点に目を向けるわけです。

すると、「『わがままを言う奴』と批難している人は、その言葉自体が、自分のわがままを通そうとしていることになるよね」と理解できると。

こうして、「全ての人は、自分の欲求を満たすために動いているよね。人のことは言えないよね」という風に、共通点を導き出すことができるようになります。

 

統一理論学者は、シンプルにしたがる人

言い換えると、統一理論学者っていうのは、よりシンプルにしたがる人でしょう。

分類って、無限に作り出せますよね。

すると、どんどん複雑になっていくんですよ。

だから分類学者の常識では、「複雑なことを多く知っている人」イコール「専門家」と呼ばれます。

でも一方で、統一理論学者の常識では、「シンプルに考えられる人」イコール「専門家」になるんですよ。

 

統一理論学者っていうのは、アインシュタインみたいなタイプだと思えばいいでしょう。

彼はe=mc^2という公式を導き出したわけなんですが、これだけでエネルギーの全てを説明できるわけです。

すっごいシンプルでしょ。

「シンプルなのが偉大」っていう考え方なんですよ。

「複雑」だったり、「難しい」というのは、洗練されていないものであって、優れていることでも何でもないと。

 

一方で分類学者というのは、「こういう場合には、その公式は使えないじゃないか」と言うような人です。

違いに目を向けていて、複雑にしたがりますよね。

これは、「複雑なことを多く知っているほどいい」っていう考え方ですよね。

 

で、私はアインシュタインタイプだということです。

おそらく、ゲーム制作をしている時に、「感動ってどう作ればいいんだろう?」という風に、必要に迫られて統一理論を考える必要があったのでしょう。

そこから「感動に共通するものは何だろうか」と考えるようになって、こういう思考スタイルが身についたんだと思います。

「たくさん経験する」よりも、「一つのシンプルな原則を見つける」という方が、楽だと思ったのかもしれません(笑

そこから、いろんなものをシンプルにして考えるようになったわけですね。

 

私の本でも、その内容は公式として表現できますよね。

人間の性格=統合失調度×定数

人間の価値観=狩猟採集的な価値観+農耕的な価値観

「うまくいく人は、こういうタイプ。うまく行かない人は、こういうタイプ」とは言ってませんよね。

違いを説明するのではなくて、「違いを生み出す一つの公式」を考えているわけです。

 

共通点を見る方が、精神衛生上もいい

これは、精神衛生上もいいと思うんですよ。

「みんな同じだ」って考えれば、違いに対して怒りを持ったりすることはありませんからね。

 

多くの苦しみは、「違い」から生まれると思うんですよ。

人種の違い、考え方の違い、性格の違い、行動の違い……みたいな。

そういうのに一つ一つ目くじらを立てていたら、疲れますよね。

でも、「みんな同じだ」と思えば、許せるようになるわけで。

 

だったら、「この世界からこういう人を抹殺する」とか、「この世界からこの思想を持つ人種を消す」みたいな、物騒なことを言わなくなって、穏やかになれると。

そして、「自分にも少なからず同じ要素があるから、仕方ないな」と許せるようになるわけです。

こういうスタイルって、楽ですよね。

 

まとめ

そんな風に、思考にもう一つステップを付け加えて、「だけど、結局はみんな同じだよね」と思うようになると、統一理論学者になれるかと思います。

結構簡単でしょ。

ただ、そういう思考習慣を身につければいい、ということですね。

 

「分類学者と統一理論学者がいる」という考え方が、分類学者的思考になると。

一方で、「統一理論学者って、分類学者にもうワンステップ加えたもので、ほとんど同じ」という考え方が、統一理論学者的思考になると。

なんかややこしいかもしれませんが(笑

 

こういう話も面白いですよね。

ってことで、質問ありがとうございました。

 

どうせなので、この際、質問をいろいろ受けてみようかと思います。

何か質問とかありましたら、コメントにでもどうぞ。

分かる範囲で答えさせていただきます。

まあ、簡単に言うと「ブログネタください!」ということです(笑

貴方の質問、お待ちしてます~。(*´ω`)ノ

By |2015-03-24T19:30:13+00:002015年 3月24日(火)|心理学|