「苦しんだだけ報いがある」から抜け出せば、本当の豊かさが分かる、というお話

Home>心理学>「苦しんだだけ報いがある」から抜け出せば、本当の豊かさが分かる、というお話

「苦しんだだけ報いがある」から抜け出せば、本当の豊かさが分かる、というお話

今日は心理学なお話です。

「苦しんだだけ報いがある」から抜け出せば、本当の豊かさが分かる、というお話です。

 

嫉妬はなぜ生まれるのか

時々、ツイッターやウェブの検索結果とかでも、嫉妬の声を目にすることがあるんですよ。

最近の私は嫉妬からだいぶ解放されてきたんですが、ようやく嫉妬の本質が分かってきたように思います。

 

じゃあ、嫉妬はなぜ起こるのか。

それが、「苦しんだだけ報いがある」という間違った思い込みがあるからですね。

 

ほら、小学校の頃とかでも、よくあったでしょ。

「苦しくても頑張りなさい。すると、これだけの栄誉や地位、お金、成績が得られますよ」とか。

「我慢してやりなさい。すると、これだけいいことがありますよ。やらなければ、こんなにもひどいことになりますよ」とか。

 

これは、成功への方法論が乏しかった高度成長期以前なら、確かに多くの場合に当てはまっていました。

ですが、成功への道筋が山のように生まれた現在では、完全に時代に合わない考え方になっています

 

嫉妬の根源は、「苦しんだ量と報いに対する不公平感」

なぜ嫉妬を起こすのかというと、その根底には「苦しんだ量と報いに対する不公平感」があります。

例えば、ある人とある人が、同じように鞭で打たれて苦しんだとしましょうか。

鞭で打たれることで、二人は同じように、報酬となる食べ物を得られるようにします。

 

ですがそこで、あるとき同じ量を鞭で打たれて苦しんだのに、その報酬として、片方は豪勢な食事を与えられて、片方は粗末な食事だったらどうでしょう。

そりゃー不公平感を感じて、怒りますよね。

実はこの不公平感はサルでも同様に感じることで、サルに何らかの同一の仕事をさせて、報酬量を途中から不公平に変えると、サルは怒り始めるんですよ。

 

これは見方を変えると、「苦しめば苦しむほど、報いがある」という間違った思い込みになります。

例えば、ある女性が他の美人女性を嫉妬しているとします。

なぜ嫉妬しているのかというと、「私はこんなにも顔が醜くて苦しんだ。一方であの人は、生まれながらに顔がよくて、チヤホヤされている。私は苦しんだのに報いが得られない。あの人は苦しんでいないのに報いを得ている」と感じるからですね。

 

お金持ちに対する嫉妬も同じです。

「私はこれだけ仕事をして苦しんだ。それでこれっぽっちの給料でしかない。一方であの人は楽に不労所得を得て、大金を得ている。私は苦しんだのに報いが得られない。あの人は苦しんでいないのに報いを得ている」と。

 

現実は、「価値を与えて人を喜ばせるほど、人からの報いがある」

これは、完全に現実を間違って把握している、ただの思い込みです。

「苦しめば苦しむほど、人からの報いがある」ではありません。

現実は、「価値を与えて人を喜ばせるほど、人からの報いがある」です。

 

これは似ているようでいて、全く違うことです。

これをはき違えているから、苦しんで、嫉妬をして、しかも喜ばれなくて、貧しくなってしまっているわけですね。

逆を言うと、これが分かれば、楽しんで、周囲の幸せを共に喜んで、しかも喜ばれて、豊かになることができます。

 

人を喜ばせるというのは、他の人にとっての価値を与えることです。

昔は価値観が画一的だったので、確かにどうしても「自分の好きなこと」イコール「他者が価値を感じること」ではないことがほとんどでした。

ですが、今のように価値観がきわめて多様化した時代では、「自分の好きなこと」イコール「他者が価値を感じること」になることは、ほぼ確実にあります

「鞭で打つのが好き」というドSの人がいれば、「鞭で打たれるのが好き」というドMの人もいるんですよね(笑

「プロットを作るのが好き」というクリエイターもいれば、「プロットを作ってもらいたい」というクリエイターもいると。

 

もし価値を感じる人がいなかったとしても、「こういう生き方ってすてきだよ!」と教えれば、周囲は「それが価値なんだ」と思うようになります。

すると、自分の生き方を価値として与えられるようになります。

価値観を教えることで、「自分の好きなこと」を価値として与えることもできるわけですね。

 

一つの「価値を与える方法論」にしがみつくのは、時代遅れ

こんな時代で、一つの「価値を与える方法論」にしがみつくのは、時代遅れだと分かります。

それは、500年前に「一生懸命、鍬(くわ)で畑を耕すことが、豊かになる道だ」というのを、現代で適用するようなものです。

現代では、耕耘(こううん)機を使ってもいいんですし、農業でなくても工業に入ってもいいし、情報産業やサービス業に入ってもいいわけです。

 

同じように、「いい中学に入り、いい高校に入り、いい大学に入り、いい会社に入るのが成功法則だ」というのを、現代で当てはめるのもアホらしいですよね。

今はむしろ、大企業の方が危ないぐらいですから。

大企業の本体は残っていても、実際の中身はどんどん分社化されて切り捨てられている状況です。

見た目の「大企業」は残っていますが、見えないところで、中身はがっつり切り捨てられてますから。

私の大学時代の友人たちも、多くがNECとか東芝、パナソニック、キャノンのような大企業に入りましたが、安心なのはキャノンに入った人ぐらいです。

 

価値に目を向ければ、豊かさが分かるようになる

これが分かれば、「価値を与える」ということに目を向けられます。

すると、「価値って何だろう?」と考えれば、「価値とは、ものの見方だ」と分かります。

 

どんなことでもいい風に解釈できれば、どこからでも価値を作り出せます。

すると、自分の周囲にも価値が山ほどあると分かります。

また、自分自身も「欠点だらけの自分」から、一転して「長所だらけの自分」だと分かります。

たとえ顔が醜かったとしても、「笑顔には、美人である以上の価値がある」と気づけるんですよね。

 

苦しみではなく、価値に着目することで、本来の豊かさが分かるようになる、ということですね。

 

まとめ

だから、「苦しんだだけ報いがある」という思い込みから抜け出せば、本当の豊かさが分かるようになります。

現代で、もうこれ以上苦しんで何かを得ようとする必要はありませんよと。

好きなことをして、楽しんで得られることができますよと。

 

価値観がきわめて多様化している現代では、それがようやく可能になりました。

その恩恵に気づいた人から、楽に、幸せに、そして豊かになっていけます。

嫉妬や苦しみを手放して、豊かになることができる、ということですね。

 

ということで、今日は「苦しんだだけ報いがある」から抜け出せば、本当の豊かさが分かる、というお話をしてみました。

今日はここまで~。

By | 2016-08-09T19:52:33+00:00 2016年 8月9日(火)|心理学|「苦しんだだけ報いがある」から抜け出せば、本当の豊かさが分かる、というお話 はコメントを受け付けていません。