いろんな妄想でストーリーを楽しもう、というお話

>>いろんな妄想でストーリーを楽しもう、というお話

いろんな妄想でストーリーを楽しもう、というお話

今日は日記的な、結構どうでもいいお話です。

「いろんな妄想でストーリーを楽しもう」、というお話をしてみましょう。

 

「打上花火」動画が面白かった

個人的によかった動画があったので、ご紹介。



 

今年の夏に公開された劇場用アニメ「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」のプロモーション動画です。

プロモーション動画と言いつつも、内容はアニメOP風なミュージックビデオなんですが。

若干男性向けなので、女性の方は性別を入れ替えて脳内補完すると楽しめるかも。

 

「今時、映画のプロモーション動画で4分オーバーなんて長すぎるやろ」とか思いつつ見ると、一瞬で4分が溶け去りました(笑

4分どころか、簡単に30分が溶け去ったぐらいで(笑

 

妄想できる余地があるから、楽しめる

こういう象徴的な場面を集めた予告編風動画って、とても妄想をかき立てられて楽しめますよね。

ストーリーが具体的に分からないからこそ、「自分ならこういう話にする」とイメージできて、実際のストーリー以上に楽しめるわけです。

 

ほら、映画の予告編とか、アニメのOPとかって、実際の物語が分からないからこそ、妄想できる余地があるじゃないですか。

すなわち、「完成された物語」を楽しむのではなくて、「物語の部品をもらって、自分で組み立てて楽しむ」という楽しみ方です。

言うなれば、フィギュアとプラモデルの関係と同じです。

フィギュアは「完成された造形」を楽しんで、プラモデルは「造形の部品をもらって、自分で組み立てて楽しむ」ですよね。

ストーリーを作るのが好きな人ほど、そういう「部品から作って楽しむ」ということができるわけです。

 

すると、こういう「象徴的な場面やイメージの断片」にも、十分に楽しめる要素があると分かります。

言い換えると、「具体的な物語でなくても、象徴的な場面やイメージの断片を商品にして、売ることもできる」ということですね。

それは、膨大でメジャーなアニメ市場と、小さくニッチなプラモデル市場の関係と同じです。

当然それだけニッチ向けになりますが、そこで自分なりのスタイルを確立することで、新たな楽しみ方を作って与えることもできると。

そうやって、自分の得意な部分に集中することもできるわけです。

 

「まんがの装丁屋さん」も面白かった

もう一つ、私がとても妄想で楽しめている作品をご紹介。

まんがの装丁屋さん(ニコニコ静画)

 

主人公の青年が、あこがれのデザイナーがいるデザイン事務所に入社して、そこで活躍していく……という流れだと思うんですが。

こちらも、どちらかというと若干男性向けな物語です。

 

これを是非、男性キャラと女性キャラの性別を全て入れ替えて、脳内補完して見てもらいたいんですよ!

「デザイナーがイケメン男子たちで、主人公が少女化したならどうするか」と置き換えて見ていくと。

すると、すっごい私好みな王道少女漫画になって、面白くなりますから。

いやまぁ、これは完全に私の趣味なので、他の人に合うかどうかは分かりませんが(笑

 

そんな風に、「登場キャラの性別を全て入れ替える」みたいな脳内補完も、妄想でストーリーを楽しむ一つのコツですよね。

主要キャラクターを全て性転換させると、場面ごとにキャラの反応が変わったり、既存のストーリーでは合わない部分が出てくるんですよ。

なので、その部分でいろいろ妄想を楽しむことができると。

いやもう、男性化・女性化とか、大好きですから(笑

 

こういう妄想もあるよ、という例

ついでなので、似たようなネタツイートがあったのでご紹介。


 

こういうのも、妄想できる余地があって、面白いですよね。

 

まとめ

そんな風に、ストーリーもいろんな楽しみ方ができるわけです。

それは、プラモデルと同じ感覚で、「部品から作る」みたいな楽しみ方ですね。

 

絵描きさんとか、音楽屋さんでも、絵や音楽で、これと似たような楽しみ方をしているんじゃないかな、と予想したりもします。

そういう妄想を利用することでも、一つのストーリーや絵、音楽から、大いに楽しむことができるかと思います。

すると、より世の中を楽しめて、楽しいことが見つかるようになるんじゃないかな、と思います。

 

ということで今日は、「いろんな妄想でストーリーを楽しもう」、というお話をしてみました。

今日はここまで~。

 

蛇足

どうでもいいんですが、冒頭のようなアニメ動画の美しい背景絵を見ると、写真加工技術PhotoDramaticaのアプリ版を作りたくてしょうがなくなったり。

今は他に作りたいものがあるので見送っていますが、もしまだどこもそういうのをやっていないのなら、「やってもいいかな」と思えるものの一つではあります。

どのみちAI(ディープラーニング)を使うことになりそうなので、それなりに体力がいりそうな予感もしますが。

By |2017-11-18T20:14:12+00:002017年 11月18日(土)|日記|