なんと言うか、ここ最近は雨が多くて気温も下がって、気温差にやられてます。

もう夜寝るのがすっごい気持ちいいぐらいですから(笑

「ああ、やっと眠れるーっ!」みたいな(笑

なのでこういう時は、早めに寝ますかね。

 

ってことで、今日は短めで、精神的なお話です。

「ダメな時期」は誰にでもあるから、短期の上下で一喜一憂しなくていい、というお話です。

 

ランキングをモチベーションにするVTuberは、遠からず消えていく

先日、とあるVTuberで、やたらとランキングを気にする人がいたんですよ。

で、私はそういう人を見ると、「ランキングをモチベーションにするVTuberは、遠からず消えていきそうだな」と思ったりもします。

 

まぁこれはVTuberに限らず、動画配信、ブログ、イラストでも、何でも同じかなと思います。

「活動をする場合、何にモチベーションを置くか」ということですね。

 

ランキングで「上がり続ける」はない

で、「ランキングで上がっていくこと」とか「人気が出ること」みたいなモチベーションの作り方だと、おそらく早めにそういう人は消えると思うんですよ。

 

というのも、そういう動画配信とかブログ、イラストみたいな活動って、もう半分趣味の領域で続けるようなものじゃないですか。

ある意味、同人誌とか、同人活動同じようなものです。

売れても売れなくても、自分が好きなものを作って出して、それで少しずつ仲間を作って楽しむ、みたいな。

半分趣味だから、続けられるわけですね。

 

それに、ランキングはずーっと上がり続けることはありません

長い間やっていれば、上がる時期もありますが、停滞する時期、いろんなことがかみ合わずに下がる時期もあるわけです。

すなわち、「ダメな時期」って、誰にでもあるものなんですよね。

そういう上昇や下落に一喜一憂するのは、しんどいものです。

 

最強なのは、「楽しんで続けられる人」

なら、私の中で最強なのは、「ランキングを気にせずに、自分が楽しんで続けられる人」かなと思います。

で、その中から、少しずつフィードバックを得ていったり、新しいことを試したりして、自分を満たしつつ、他の人にも喜んでもらえる人かなと。

 

それに、個人動画配信なんて、いくらでも「自分が興味がある内容」をメインジャンルにできるわけじゃないですか。

なら、無理に「わざわざ自分の興味がない部分で配信して、売れようとする」なんて、だいぶずれてますよね。

自分の興味ある分野にすれば、好きでしゃべり続けられるし、かなりのニッチでも興味がある人はいるわけで。

後は、しゃべりとか編集とか、BGMとか、いろんなコツを身につけて、少しずつ向上してゆけばいいかなと。

 

まとめ

そんな風に、「短期の上下に一喜一憂しなくていい」と分かると、大切なものが見えてくるかと思います。

ダメな時期は誰にでもありますし、好きなことを地味に続けられるだけでも、十分に素晴らしいことなんだと。

それでいろいろ工夫していれば、あるときにふっとコツが分かったり、上昇したりするように思います。

 

すると、気楽に続けられるし、楽しみにも目を向けやすいかなと思います。

 

ということで今日は、「ダメな時期」は誰にでもあるから、短期の上下で一喜一憂しなくていい、というお話でした。

今日はここまで~。

この記事をシェア:
Share