今日は、クリエイティブなお話です。

「垂直に野菜を作る」という発想がすごかったので、紹介してみましょう。

 

「垂直水耕栽培」という発想

野菜作りで、ちょっとした動画があったので、ご紹介。

 

今回も英語版しかなくて、日本語字幕もないという動画ですが、最初の45秒だけ見れば、どういう構造かが分かるかと思います。

これは、今までの「地面に野菜を植える」という発想ではなくて、「プランター(いわゆる植木鉢)を垂直に配置することで、縦で野菜を作る」というものです。

この動画では、これを「垂直水耕栽培」と呼んでいるんですが。

 

狭い土地でも野菜を作れる!

これ、すごい発想だと思うんですよ。

というのも、今までは「野菜を作るには、広い畑が必要だ」っていうのが常識だったじゃないですか。

だから、庭が狭い人だったり、マンション住まいの人にはそういうのができなくて。

もしあったとしても、プランターに植えられる量が限られているので、量を作ることはできません。

 

でも、こういう風にプランターを垂直に重ねるシステムなら、同じ面積でも5倍、10倍も収穫できるわけです。

しかも、必要な土の量も限られているので、マンションのベランダでも作りやすいと。

もしくは、庭で除草剤を使っていたり、汚染されている土壌でも大丈夫です。

コンクリートの上でも、砂漠でも、岩石質で作物を作れない土地でも、海や川の上でも問題ありません。

上記の動画では、「これなら2倍の速さで成長して、2倍の収穫量を得られる」と言っていたので、土地が狭くても太陽が当たりさえすれば十分に生育できると。

 

楽に管理できるのが素晴らしい

これのすごいところは、楽に管理できるところですね。

畑をやっていて一番面倒なのが、畝(うね)作りみたいな「耕す作業」と、雑草取り、肥料まきだろうと思います。

でも、こういう垂直水耕栽培だと、そういう体力作業がほとんどなくなります。

 

上記動画では、さらに水やりも完全自動にしているんですが、まぁそこまではする必要はないでしょう。

じょうろで水をやれば、十分かなと。

 

純粋な水耕栽培もある

ちなみに、次の動画のように完全な水耕栽培(土を使わない栽培方法)にすると、さらに手間は省けます。

こういう水耕栽培の場合、苗は別に発芽させて用意する必要があります。

その苗を、分岐した口に入れて、上から養分のある水を流すことで、成長させます。

 

まぁ見ての通り、これだと大根とかにんじん、白菜みたいなヘビーなものは作れませんが、軽い葉物野菜なら多く作れます。

例えばサニーレタスとか、野菜に少し入れたり、お肉にくるむとおいしいし、緑色があって料理が華やかになりますよね。

でも、スーパーで買ってくると、数日でしなびたり傷んでしまうし、値段も高いと。

なら、そういう「痛みやすいのに、毎日少しずつあると便利」みたい野菜に合うように感じます。

 

一度システムを作れば、ずっと使い回せる

これのいいところは、「一度システムを作れば、ずっと使い回せる」ことですよね。

水は時折替える必要はあるでしょうが、それもさしてヘビーな作業ではありません。

設備も塩ビパイプで、これは水道管でよく使われているので、近所のホームセンターでも売っています。

水の循環システムも普通のポンプを使っているので、これもさほど高くないでしょう。

 

まぁマンションで使う場合、ポンプの音で問題が出るかもしれません。

なのでマンションでは、最初に紹介した土を使う方法でやると、水やりの手間はかかりますが、多くの野菜を作れそうに思ったりもします。

もしくは、静音ポンプがあればいいですよね。

 

これで問題になりうるのは、「土栽培ではない」という心理的問題かなと思います。

一応、オーガニックな水溶性肥料もあるので、オーガニックには対応できます。

ただ、「養殖魚は食べない。自然な魚じゃなきゃ食べない」みたいに、土での栽培方法にこだわる場合は、こういうのには不向きでしょう。

でも、最初に紹介した動画のように、ある程度土を加えて自分なりに工夫ができると、自分に合う形に仕上げられるかなと思ったり。

 

まとめ

こういう発想って、いいですよね。

広い土地がなくても、自家栽培をしたいならこういうのもいいように感じます。

 

私もちょっと小さいシステムで試してみたいところです(笑

 

ということで今日は、「垂直に野菜を作る」という発想がすごかったので、紹介してみました。

今日はここまで~。

この記事をシェア:
Share